ビットコイン初心者の始め方 おすすめ取引所と買い方・売り方を解説!

ビットコイン初心者の始め方を解説!

2017年初頭に10万円、そして年末には200万円オーバーして話題になり、一気に世間一般に認知され始めた仮想通貨「ビットコイン」。

ビットコインはインターネットに接続することができるパソコンやスマホ・タブレット端末があれば、初心者でも簡単に取引する事ができます。

そこで仮想通貨初心者の人向けに、ビットコイン投資の始め方、買い方・売り方のほか、おすすめの取引所についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)
国内トップの取引所。信頼性もトップで初心者が始めるのに最適。

【2位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

【初心者向け】ビットコイン投資の始め方

2017年にビットコイン価格が高騰した印象が強いと思うので、1BTC(←ビットコインの単位)買うためにかなりのお金が必要だと思うかもしれませんが、小数点以下まで細かく分割することができるので数百円~千円程度の少額でも購入可能です。
(扱う取引所によって違います)

株式投資や外貨預金など他の金融商品と比較すると、投資初心者が取引を始めるハードルが低いメリットもあります。

 

ビットコイン取引は口座開設から

ビットコイン取引の始め方ですが、最初に仮想通貨取引所を選んで口座開設することになります。

日本では複数の会社が仮想通貨の売買サービスを提供していますが、初心者や上級者に関係なく仮想通貨交換業者として金融庁に登録された会社を選ぶようにしましょう。

【参考記事】
金融庁登録済みの仮想通貨取引所まとめ

 

初心者向けの取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

株取引で投資経験がある方であれば、取扱量が多くてセキュリティーが強固なbitFlyerが一番おすすめです。

bitFlyerは初心者向けのサポートが充実していて安全性が非常に高いのが魅力。bitFlyerのトレードサービスで取引可能な最少取引数量は0.001BTCで、1BTCあたりのレートが100万円であれば1000円分から売買することができます。
(取引所によって違う手数料は除く)

外貨預金や外為FXのように販売所で両替する場合の最少取引数量は0.00000001BTCで、日本円に換算すると約0.8銭相当です。

bitFlyerの口座を開設しておけば、一部のポイントサイト(ポイントタウン)で貯めたポイントを利用してビットコインを購入することもできるのはメリットでしょう。

口座開設は公式サイトでメルアド入力→無料アカウント登録をクリックでOK。

公式サイト
bitFlyer公式

GMOコイン

金融商品の売買経験がない初心者投資家なら、指定されたレートで両替をする方法でビットコイン売買できるGMOコインがおすすめです。

GMOコインの最少取引単位は0.001BTCでbitFlyerと同じですね。

少ない元手で数倍の取引ができるレバレッジに対応しているんですが、業界でも少ないビットコイン以外に対応しているのも魅力。

公式サイト
GMOコイン公式

 

口座開設の流れ

使いたい取引所を選んだら、パソコンやスマホ・タブレット端末で公式サイトにアクセスして口座開設します。

入力フォームに必要事項を入力して送信すると、仮アカウントが発行されます。仮アカウントにログインした後に、携帯電話やスマホのカメラで撮影した運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の写真(JPEGなど圧縮したもの)をアップロード。数日程度で承認作業が完了し、仮想通貨取引サービスを利用できるようになります。

本人確認の手続きをして自宅に口座開設を通知する書類が届いたら、日本円を入金して取引を始めましょう。

セキュリティ対策は確実に!

口座に日本円を入金すればすぐに取引を開始することができますが、不正アクセスの被害を防ぐために必ず2段階認証を設定しておきます。

スマホやタブレット端末を持っている方であれば、無料で入手可能なGoogle認証システムアプリをインストールしておきましょう。携帯電話(ガラケー)を利用している方であれば、SMSの着信ができる状態にしておきます。

2段階認証の設定方法は取引所によって違いがありますが、ログイン後に「設定」または「セキュリティ」の画面を開いてから2段階認証の設定へ。

Googleのアプリを利用する場合には、表示されたQRコードを読み込ませてから携帯端末に表示されたコードをパソコンの指定されたフォームに入力します。

携帯電話を利用している方であれば電話番号を入力し、SMSのメッセージに含まれる記号を入力して送信すれば完了です。

次回以降にログインする場合にはログインID(メールアドレス)とパスワードに加えて、アプリを起動してQRコードを読み込ませて表示されたコード、または携帯電話に届いた番号を入力しましょう。

2段階認証を設定したら、口座に日本円を入金して取引を開始します。

 

口座への入金方法

日本円の入金方法は証券口座と同じように銀行振込が基本ですが、ネットバンキングを利用している方はペイジー(クイック入金)サービスが使える場合もあります。ペイジー入金であれば送金手数料が無料で、即座に残高が反映されるのでおすすめですね。

ネット銀行口座を利用している方であれば、ペイジー入金に対応している取引所を選ぶと便利です。

つづいて取引画面にログインしてから「入金」に進み、銀行振込やクイック入金などを選択します。銀行振込を選択すると振込先の銀行口座や名義人欄に記入する内容が表示されるので、銀行で送金の手続きを行いましょう。クイック入金を選択すると各銀行のログイン画面が表示されるので、ネットバンキングのログインアカウントや確認用のパスワードなどを入力します。

口座に日本円を入金したら、残高に反映されるまで待ちましょう。入金方法によって反映されるまでの時間はまちまちです。

残高が更新されたら取引所か販売所のページを開いて、レートを確認してからビットコインの購入・売却希望数量(BTCまたは円)を入力します。

取引所(他のユーザーとのトレード方式)であれば、買い注文または売り注文を出して取引が成立するのを待ちましょう。

販売所方式(口座開設した業者とのやりとり)であれば、確認ボタンをクリックして進めば即座に売買が成立して残高に反映されます。

 

出金方法

日本円を出金したい場合には、「出金」手続きに進んでから自分名義の銀行口座を登録します。

ビットコインを出金する場合には、パソコンやスマホアプリで作成したコインアカウント(半角英数字)を指定された画面にコピー&ペーストで入力し、金額を指定して手続きを進めましょう。

 

まとめ

ビットコイン投資をやってみようかな?と思い始めた初心者投資家さん向けに、ビットコインの買い方・売り方をまとめました。

仮想通貨は終わりだ、いやいやもっと上がる、など世間にはいろいろな声が溢れていますが、そんな声に流されず自分が買うと決めたらチャレンジしてみてください。

2018年3月でクレジットカード購入はできなくなってしまいましたが、お金を借りたりローンを組んでまでやるものではないので、生活費に影響がない範囲内で投資することをおすすめします。