ビットバンクはあり?口座開設前に見ておきたい取引所情報

ビットバンクはビットコインをはじめとして、いくつかのアルトコインも扱う取引所です。

公式サイトを見てみるとトレードを行いたい人のためのプロ向け取引所とか書いてありますが、取引ツールは慣れれば初心者でも使いやすいでしょう。

そこで金融庁にも認可されている仮想通貨交換事業者「ビットバンク(bitbank)」についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

ビットバンク(bitbank)はどんな取引所?

ビットバンクとは

仮想通貨のウォレットとトレーディングサービスを2014年から行っている会社です。

ウォレットは仮想通貨の財布のようなもので、ビットバンクの管理するウォレットは、セキュリティ対策が行き届いていると言われています。

会社概要

ビットバンク株式会社が運営する取引所で、金融庁の登録業者です。本社は東京で代表取締役CEOは廣末紀之氏、他に取締役として加藤順彦氏と峰松浩樹氏、および都木聡氏の名前がみられます。資本金は11億円あまりですから、仮想通貨取引所としては中堅と言えるでしょう。

業務内容は仮想通貨関連事業となっていて、所属団体に日本仮想通貨事業者協会とブロックチェーン推進協会があります。

代表取締役CEOの廣末氏は、大手証券会社勤務をはじめインターネット関連会社の役員などをいくつかこなしてきた人で、仮想通貨のプロとして有名です。また取締役の都木氏は有名ポイントサイトの代表取締役も務めています。

主なサービス

ビットバンクの主なサービスは、ビットコインやアルトコインの現物取引所および、ビットコインの先物証拠金取引所ビットバンクトレードのプラットフォームを提供です。またBTCNという仮想通貨に関するニュースも提供しています。こちらは一般記事の他に専門的な記事あるいはコラムも載っている本格的なサイトです。ほか証券会社やブローカー向けの取引所もありますが、こちらはプロ向けですね。

なおビットバンクは取引所のみ運営しています。取引所は顧客同士の注文を取り次ぐところで、一般に手数料が販売所より安いことで知られています。

 

ビットバンクの取引所

ビットバンクは会社側も言っているようにプロ向け取引所とのこと。

だからなのかはわかりませんが、他の同業者の多くが初心者でも仮想通貨を売買しやすいように販売所を用意しているのに対し、ビットバンクには販売所がありません

そんな訳で、まったくの初心者だとビットバンクの取引所を使うのは少しハードルが高いかも知れません。しかしFXや株式などの取引を少しでもやったことがあれば、とくに問題はないでしょう。

それに販売所は実質の手数料が取引所に比べて大幅に高いので、言い方悪くなりますが初心者を騙して仮想通貨売買をさせているとも言えます。その点取引所だけのビットバンクは良心的だと言えるでしょう。

ビットバンクで口座開設してログインすると、最初に取引所画面が開きます。

必要な情報のみが表示されていて、目に優しい色合い。取引だけに集中できる画面となっています。

現物取引所

現物取引所は、ビットコインと5つのアルトコインおよび日本円とのペア取引ができます。詳しい通貨ペアはのちほど取り扱う仮想通貨の種類の項目で触れます。

現物取引所は、現在のところ取引手数料が無料です。ビットコインに限ると取引手数料がマイナスとか無料の同業者もいますが、ビットバンクは今のところアルトコインも手数料ゼロとなっています。となるとビットコイン以外でよく使われるイーサリアムなどを手に入れるには、もってこいの取引所でしょう。

この現物取引所は、ビットバンク内の取引所名としてはbitbank.ccと称しています。

ビットバンクトレードBTCFX

BTCFXは、ビットコインと米ドルBTC/USDの先物証拠金取引ができるところ。

証拠金取引とは、一定額の法定通貨または仮想通貨を預け入れることでその証拠金額の何倍もの取引ができる制度。先物取引は取引期限が定められていて、その期限内に現在の条件で取引する1種の契約のようなものです。

しかし期限までポジションをもつことは少なく、普通は反対売買による決済をする差金決済になっています。

反対売買とは?

買った銘柄を売る、あるいは売った銘柄を買うこと

差金決済とは?

反対売買による差額の授受で決済すること

ビットバンクでは、証拠金はビットコインでBTCFX用口座へ預け入れることになっていて、先物の期限は3種類から選べるようになっています。

このようにBTCFXは、預入証拠金の何倍もの取引ができる便利なもの。ちなみに証拠金と取引金額の比をレバレッジ倍率といいます。ビットバンクではレバレッジ倍率が最高20倍と他社に比べて高いのもプロ向けと言われる理由でしょう。

なお手数料ですが、こちらはさすがに無料ではなく、取引手数料が新規ポジションをもつ時に0.1パーセント、そして決済時に利益が出ているならその0.2パーセントがキャピタルゲインフィーとして取られます

加えて預け入れているビットコインを引き出す時には、0.0005BTCの手数料がかかります。

 

ビットバンク取り扱い仮想通貨について

ビットバンクの現物取引所で扱っている仮想通貨の種類は次のとおりです。

  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

それぞれの特徴についてみていきましょう。

ビットコイン

仮想通貨は、ブロックチェーン(取引台帳とも言われている)という分散型電子データとそれの信頼性を担保する承認作業やマイニング作業から成り立っています。

この仮想通貨の根本部分を世の中に示したのは「Satoshi Nakamoto」という謎の人です。その人がインターネット上に論文を発表したことが、ビットコインが生まれるキッカケになったとされています。

そんな訳でビットコインは、仮想通貨の流行の先陣をきったのでした。そして現在でも時価総額は仮想通貨全体の中で1番多いですし、これを扱っていない取引所や販売所はないと言っていいでしょう。一言で言えば、ビットコインは仮想通貨の王様のようなものですね。

ビットバンクの現物取引所では、ビットコイン日本円 BTC/JPYのペアおよび他があります。他とはアルトコインとのペアです。

リップル

ビットコインは、分散型管理がされていて、誰でも自由に取引履歴が記録されたブロックチェーンが見られる仕組み。そして承認作業であるマイニングも意思と能力があれば誰でもできて、それなりの報酬を受け取れます。

ところがリップルは、アメリカのリップル社が独自に管理する仮想通貨となっています。なお、中にはSatoshi Nakamotoの考え方とリップルの構造が異なるので、「仮想通貨のようなもの」という人もいますね。

リップルの目的は、世界の銀行間の送金を低コスト短時間で行うこと。そしてリップルを使った銀行間の送金実験も実施されています。

ここで扱っているペアは、リップル日本円 XRP/JPYです。

ライトコイン

これはビットコインとの関係が深い仮想通貨で、ビットコインをもっと手軽に&足りない部分を補完する目的で誕生しました。

ビットコインは取引台帳のブロックチェーンの承認間隔が約10分なんですが、ライトコインは約2分半に短縮されています。また発行枚数の上限もビットコインの4倍と多く設定されているので、その分価格も安くなっています。

ただ現在は下で紹介するビットコインキャッシュの出現によって、少し影が薄くなりがちですね。

ここでのペアは、ライトコインビットコイン LTC/BTCです。

イーサリアム

ビットコインは、ブロックチェーンを通貨の取引台帳として使ったもの。これはこれで素晴らしいアイディアだったのですが、ブロックチェーンの可能性をさらに広げたものがイーサリアムです。イーサリアムでは、ブロックチェーンにスマートコントラクトという機能を付け加えました。

スマートコントラクトは、プログラムを書くことで、ブロックチェーンに自動契約あるいはゲームでもいいのですが、仮想通貨の取引台帳以外の役割をさせるのに成功しました。
これからどのように発展するのかわからないくらい広い技術で、世の中の仕組みを変える可能性があるとも言われていますよ。
それからイーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額がある仮想通貨ですから、将来性は十分期待できるでしょう。

ビットバンクでは、イーサリアムビットコイン ETH/BTCのペアだけ扱っていて、JPYとのペアはありません。

モナコイン

モナコインは日本のオタク用仮想通貨だと思っている人も多いのでは?日本製なので今でも、その面はあると思いますが、日本国内だったら買い物などの支払いに使えるところが多くなっていると言われています。SNSを使えばモナコインのやり取りが簡単に行えるところも人気がある理由なんでしょう。

それからモナコインとビットバンクは、中々深い関係にありそうですよ。
ここでのモナコインは2種類のペアを扱っていて、モナコイン日本円 MONA/JPYとモナコインビットコイン MONA/BTCですよ。

ビットコインキャッシュ

仮想通貨はブロックチェーンで取引を管理していますが、取引量が想定外に増えるなどの事情によりブロックチェーンの仕様を変更したい時もあります。

ただブロックチェーンは膨大なデータから成っているので、簡単に仕様変更できないんですね。そんな時は、むりやり新しいブロックチェーンに分岐する方法がとられます。これをハードフォークといい、ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークした仮想通貨なんです。

ビットバンクでは通貨名をBCCとしていますが、他ではBCHと表記しているところが多いですね。もし他の取引所を使う場合には気をつけてください。

こちらも2種類のペアを扱っていて、ビットコインキャッシュ日本円 BCC/JPYとビットコインキャッシュビットコイン BCC/BTCです。

 

ビットバンクで取引するには

ビットバンクで取引をするには、最初にアカウントを作りましょう。

開設はビットバンクの公式サイト、無料口座開設のページで行います。目立つところにメールアドレス入力欄があるので迷わないはず。そこに新規登録できるコーナーがあります。

アカウントを作る

メールアドレスを入力して「新規登録」クリックをすると、仮登録のメールが送られてきます。
このメールの本文内には、「下記のリンクをクリックして何々を設定してください」と案内があるで、貼ってあるリンクをクリックしてみましょう。

するとリンク先に跳びますが、そこでパスワードを設定するようになっています。

そして利用規約や取引ルール、それからリスク事項に目を通して、同意にチェックを入れて利用開始ボタンをクリックすれば口座開設は一応完了です。

これ以外に、携帯電話のSMS認証や2段階認証設定があります。

SMS認証は、自分の携帯電話番号を入力します。そうすると携帯に着信したSMSにPINコードが書いてありますので、それを入力するだけ。

2段階認証は、ログイン等でパスワードだけだとセキュリティが甘くなるので、本人しかわからない方法で認証を1回余分にする設定です。ログイン時など少し面倒になりますが必ず設定しておきましょう。

本人確認

アカウントを作っただけでは、基本情報の登録や本人確認がまだの状態です。これらが済んでいないと本格的な取引ができませんので、とりあえず手続きしましょう。

基本情報の登録は、ログイン後のページ右上にある人の形をしたメニューから「登録情報」→「基本情報の登録」を選択しましょう。ページが変わるので、そこで住所氏名生年月日等を入力していきます。指示通り質問に答えたら確認画面に移るので、正しければ登録完了です。

この後は本人確認のページに移って、免許証やパスポート等のスキャンあるいは写真を撮ってアップロードしたらとりあえず終了。

これで利用者側のすることは終わりですが、ビットバンク側では審査が実施されます。審査に通ると郵便で確認書類が届きますが、この確認書類は受け取るだけのものなので、気にしなくていいです。

ただし登録住所からの転送は不要になっているので、必ず受け取らないと本人確認が完了しません。本人確認が完了しない場合、再度手続きをすることになるので気をつけましょう。

入金

本人確認まで完了したら、後は入金すれば取引スタートです。

入金できるのは、日本円に加えて上記の6種類の仮想通貨。

日本円の場合は入金下限がないんですが、仮想通貨は種類によって入金下限が定められています。たとえばビットコインなら0.001BTCが入金下限です。

実際に入金する時は、ログインしてメニューの中の入出金をクリックします。そして日本円の場合なら、そのページ内にある振込先の銀行と口座番号を確認しそこへ振り込む流れです。

仮想通貨で入金する時には、同じ入出金のページで預入用のアドレスを確認します。あるいはQRコードを読み取ります。そして自分の管理しているウォレットから、預入用アドレスへ送金すれば完了。

いずれも入金後には登録メールアドレス宛に入金完了の連絡がきます。その後ログインして資産に入金が反映していれば取引開始です。

出金

出金は入金と同様に日本円と6種類の仮想通貨でできます。こちらも手続きはログイン後に入出金のページで行います。

日本円の場合は、出金先の銀行と口座番号を選択しましょう。もし出金先の銀行口座を登録していない時には登録してくださいね。

日本円の出金の場合には、最低出金額が1000円になっているので気をつけましょう。なお出金限度額は無制限。後は確認すると確定します。

日本円の出金は、3万円未満が540円、そして3万円以上なら756円の手数料がかかります。よって出金はある程度まとまった金額にしないとコスト高になりますね。

仮想通貨の場合は、引き出し先のアドレスを選択します。こちらもアドレスの登録が済んでいなければ登録してからにしましょう。

仮想通貨の出金も最低額が決められていて、たとえばビットコインだと0.0001BTC、出金限度額は100BTCとなっています。そして出金手数料もかかって、ビットコインでは0.001BTCとちょっと高めです。

 

セキュリティ

仮想通貨をウォレットに入れておくのは、ビットバンクのような取引所を運営する業者も同じです。

ウォレットに入っている仮想通貨はアドレスと公開キーおよび秘密キーの数字そのものですが、秘密キーを他人に知られるとその仮想通貨は盗まれる危険性が高くなる、というか普通は盗まれますね。

仮想通貨を他のアドレスに送るには秘密キーで電子署名するだけなので、別に本人でなくても問題ないんですよね。

2018年はじめに起きた某取引所の仮想通貨盗難事件は、ハッキングによってウォレット内の仮想通貨の秘密キーを知られたからだとも言われています。そしてこの事件を境にビットバンクでは自社のセキュリティ対策を公表しました。

ここでは、それを見ていきます。

コールドウォレット

インターネットにつながっているウォレットはホットウォレットと呼ばれ、インターネットから遮断されているウォレットはコールドウォレット言います。
当然ですがハッキングなどに対する防御は、コールドウォレットの方が強いですね。
ネットバンクの発表によれば、このコールドウォレットでの仮想通貨の運用を扱っているすべてにおいて対応済とのことです。ただしコールドウォレットを使用するとしても、内部の者による秘密キーの盗みなどには無力だと言われています。
そこで考えだされたのが、マルチシグという複数の秘密キーを使う技術なんですね。

マルチシグ

秘密キーが1つだけだと、それを盗まれたなら仮想通貨も盗まれたのと同じこと。

ところが、たとえば秘密キーを3つ用意しておき、その中で2つ使わなかったら仮想通貨を送れないようにしておけば盗まれる確率が低くなります。これがマルチシグという技術です。

ビットバンクでは、ビットコインに対してはコールドウォレットとホットウォレットともにマルチジグに対応しています。その他のアルトコインはホットウォレットに未対応です。

そしてコールドウォレットでは、一部のアルトコインで未対応だと公表しています。

ビットバンクでのマルチシグ運用・管理方法は、複数の人が秘密キーを別々に保管する形。さらに独自のマルチシグ用OSを使ったり、仮想通貨のやり取り専用の物理デバイスを導入するなど、積極的にセキュリティ面向上のため努力もしています。

このようなセキュリティ対策は、ビットバンク設立当初は他社のシステムを使っていたそうですが、徐々に独自の技術を導入して現在のようになりました。

そしてここのセキュリティを含めた取引システム全体は信頼性も高く、他社へ技術提供するほどとなっています。

 

ビットバンクの特徴まとめ

ここまでの説明を簡単にまとめてみます。

  • 販売所はなく取引所のみ運営
  • 今のところアルトコインも含め、現物の取引手数料が無料
  • レバレッジ取引は流動性を確保している仕組みを採用
  • 取引ツールが高機能
  • セキュリティ対策の公開度が高い
  • 充実している仮想通貨ニュースを提供

ここは中上級者に人気のある取引所で初心者は少ないと言われていますが、初心者でも問題ありません。

仮想通貨認知度が上がるにつれ順調に取引量が増えてきているようです。

ビットバンクを一言で言えば、現物取引は初心者でも何とかなりますが、ビットバンクトレードのビットコイン先物証拠金取引は、相場の中上級者向けと言えるでしょう。

とはいうものの、今のところ取引コストが安いので、とりあえず口座開設しておいても損ではないですね。

 

口座開設はこちら
bitbank 公式サイト