Binance Coin(バイナンスコイン) のメリット・デメリットと買える取引所は?

バイナンスコインの特徴

ここではBinance Coin(バイナンスコイン)の特徴や扱う取引所情報をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Binance Coin(バイナンスコイン)ってどんなもの?

Binance Coinは、世界最大の取引所「Binance(バイナンス)」で使える独自トークンです。

トークンとは?

基本的に仮想通貨と一緒ですが、すでにある仮想通貨の仕組みを利用して作った複製品みたいなものです。

このトークンを使用してほかの仮想通貨を購入することで、通常よりも手数料が安く手に入れることができます。

 

Binanceのメリット

Binanceの取引所では非常に多くの仮想通貨が取扱われていて、初心者でも簡単に購入することができるメリットがあるので人気が高くなっています。

それだけでなく、世界中の仮想通貨投資家がBinanceを利用しているので、サポートが徹底されている点でも非常におすすめな取引所ですね。

以前Binanceではビットコインに関連した不具合が発生してしまいましたが、Binanceはすぐにこの問題を対処して、投資家の保護を徹底していました。このことからこの取引所のサポートは他の業者のものよりも徹底しているということが伺えます。

 

Binanceのデメリット

Binanceのデメリットは、日本の仮想通貨取引所で許可されていない匿名通貨の取引を行っているところにあります。

とくにダッシュやモネロなどといった匿名性が高い仮想通貨は、マフィアや暴力団などのマネーロンダリング(資金洗浄)に使われているだけでなく、一般の投資家も脱税のために利用しているため、国際的に規制強化されている傾向です。

個人の金銭のやり取りを外部から秘匿化できる意味では非常に好都合でメリットでもはあるものの、悪用される問題を解決できない限りは、日本だけでなく海外からも批判の対象として規制されてしまうでしょう。

匿名通貨には今まで以上に深い変革が求められているのです。

 

投資家にやさしいBinance

Binanceがむかし日本に上陸しようとしたときに、匿名通貨の取り扱いが原因で日本の金融庁から許可を得ることができず、結局撤退することになりました。

しかしBinanceほど投資家保護が徹底された業者はほとんど存在しないでしょう。

業者によっては顧客が使用している資産を私的利用していたり、セキュリティ上に問題があり、それが何時まで経っても解決されないまま放置されているなど数多くの問題を抱えているのです。

このような悪質な業者が日本にも存在しているので、Binanceの保護は世界的にも徹底されているから、世界中の投資家が集まった原因とも言われています。

 

Binance Coinの買い方

Binance Coinを購入するためには、まずはBinanceにビットコインを送金する必要があります。

ビットコインを購入するためには、国内の取引所で購入する必要があるので、注意しましょう。

安くビットコインを買うならここ
【金融庁認可済】Zaif(ザイフ)

送金の際に時間がかかることもあるので、投資をしたいのであれば早めにアカウントを解説して送金できるようにしておきましょう。

送金の際に時間がかかりますが、2日か3日ぐらいすれば口座に反映されます。

これでBinance Coinを購入することが出来ます。

 

Binance Coinの価格

Binance Coinは、他の取引所が提供している独自トークンよりも高め。

価格はおよそ1万円くらい(記事投稿時点)で購入できるので、大量に購入したいのであれば多めにビットコインを送金しておくといいでしょう。

 

Binance Coinの将来性

Binanceは一般的な業者とは違って投資家の保護が徹底されているだけでなく、いろいろな言語に対応された公式サイトなど幅広いサポートが徹底されています。

これほど投資家保護が徹底されている業者はほとんど存在しませんし、他の業者は顧客を利用してお金儲けをしようとすることを考えすぎな面が見受けられます。

だから悪質なハッカーから不正アクセスの被害にあってしまいますし、なんらかの不具合も発生してしまうのです。

Binanceではこのような不具合がほとんど発生していないだけでなく、発生してしまったとしてもすぐに対応することで投資家の支持を得ているのです。なによりも投資家を第一とした考え方が幅広い層から支持を集めることに成功しています。

最近では、仮想通貨による規制がほとんどない国に拠点を移動するために動いていて、今後もさらに飛躍していくことは間違いないでしょう。

 

以上のことから、その世界中の投資家と取引を行っているBinanceの発行するBinance Coinは非常に価値あるものになる可能性が高いでしょう

とはいえ世界的にトップクラスの取引所なので、それだけハッカーから狙われることにもなります。

今後量子コンピューターが登場してきて、顧客のパスワードが外部に流出したりした場合は、悲惨な結果になってしまうことになるでしょう。

もっともその前に業者の社長が対応することは間違いがないようですが、あくまでも対応できるかどうかは別の問題です。

Binance Coinを過信しすぎないように投資を行うことがいいですし、あまり過信しすぎて生活費まで使用してしまうのは後悔のもと。

投資を行う際には、必ず余剰資金の範囲内で行うように心がけることが鉄則で、そう出来ないなら仮想通貨投資はおすすめしません。

 

まとめ

世界最大手の仮想通貨取引所「Binance」だけで使えるトークン「Binance Coin」を解説しました。

いまは日本語対応しなくなってしまいましたが、海外取引所を利用するならぜひ持っておきたいところなのは間違いなし。

ここを利用する上でお得なメリットもあるので、口座開設したら利用してみてください。