仮想通貨で失敗する初心者の傾向と特徴は?

仮想通貨初心者投資家の失敗する理由まとめ

億り人と呼ばれる成功者を多数誕生させた仮想通貨バブルこそ終わりましたが、まだまだこれから拡大していく可能性の高い仮想通貨。

認知度も上がり、ネットやテレビ、知り合いからの紹介などで投資を始めた初心者の方も多いでしょう。

自分の大事なお金を使うわけなので、誰もが失敗なんてしたくないはず。

そこでどんな初心者投資家が失敗しやすいのか?についてまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

仮想通貨で失敗する初心者の傾向は?

仮想通貨で失敗する人には共通する特徴が見られます。それは仮想通貨ならではの失敗もあれば、投資の初心者が陥りやすいミスなどさまざまです。

 

仮想通貨について勉強していない

仮想通貨の勉強不足

仮想通貨に限らず投資全般に言えることですが、仮想通貨について勉強していない点です。

投資信託のように、資産を預けてそれを専門家に管理してもらうような状況であれば相手にその知識があるので勉強をしていないとしてもさほぼ問題ありません。しかし仮想通貨の場合は基本的に自分で取引します。なので自ら勉強して、知識をしっかり身につけてから投資を始めないと痛い目を見てしまいます。

 

自分なりに考えて行動する

大事なことは他人のいうことを鵜呑みにしないことです。

詳しい人がいたとしてもその詳しい人のいうことを鵜呑みにするのではなく、自分で考えて行動を起こしていくことが必要です。

 

リスクに対する考えが甘い

リスクの問題に関しても、何も知らずに行動を起こせばそれによって痛い目を見てしまいます。

この場合のリスクは価値の変動の問題や取引手数料の問題、税金の問題などです。利益が確定したからといってすぐ現金にしてしまうその都度税金がかかることになり、最終的に支払うべき税金の額面が大きくなることが予想されます。

また仮想通貨の価格がいつ暴落するかわからないのもポイントです。

今のところ日本人が多くの仮想通貨を保有しておりその分初心者も大勢いますが、外国に目を向けてみると中国人なども多数保有しています。中国人の中には旧正月のタイミングで現金にすることから、その時期に大きな下落を見せることがあります。こういった投資家たちの動きを知っている人は下手に騒がないか、その前に処分をして下落するタイミングで買い戻す人もいるでしょう。

これらはそういう傾向にあることを知っていてアクションを起こしており、知識があることによって成功を収めています。

 

自分の実力を勘違いしている

失敗する人に見られるのは、自らの力量を客観視できていないことです。

常に人と同じ選択肢をしていれば大きく負けることはないかもしれませんが、大きく勝つこともありません。大きく勝つには人と違う選択肢をとること、先手を打って勝負に出ることなどが必要です。

もちろん大きく負けることもありますが、それを避けるために勉強を重ねていきます。そうしていくことで失敗を避けることができますが、とくに初心者はこうしたことができず、プラスのことばかり考えて結果的に痛い目を見てしまうのがオチです。

 

自分なりの方針を決めていない

これは初心者なので難しい面もありますが、方針を決めることも投資では必要です。この方針がブレることが失敗につながります

たとえば損切りをする際にも、最初に購入した額面のいくらかが目減りをする状況ならそこで売ることができますが、人間にも欲があり「もう少ししたら上がるかもしれない」と思ってしまうもの。そうなるとすぐに売ることができなくなり、最終的に大きな損へとつながってしまうので、「こうなったらこうする」と方針を決め、それを貫くことが大事です。貫けないからこそリスクが高まります。次で勝負する資金を残すために損切りを行う決断力が求められます。

 

仮想通貨に夢を見すぎている

仮想通貨初心者は一攫千金を夢見すぎ

仮想通貨といえば、ちょっとした資金が一気に膨らみ億万長者になれる夢のような投資と思っている人がいまだに多いです。

たしかにそうしたケースはあるものの、存在そのものがまだ疑われていた時代に、リスク覚悟でお金を出した人たちが賭けに勝って大金を手にしただけのこと。

でもいまの状況は、すでに仮想通貨の存在自体が今後世界の金融を動かすものとして重要視され、日本の銀行もいくつか開発に乗り出すレベルです。いまだにちょっとした資金を投資すれば一気に膨らんで大金をつかめると思っている人は、大きな失敗を犯しやすいでしょう。こういった初心者が詐欺に引っかかりやすいのも事実です。

 

安全に投資するには・・・

多くの初心者は状況そのものが理解できていないのはもちろん、明らかに勉強不足であり期待値を高くしすぎていることから、失敗の可能性がかなり高い状況です。

もし状況を理解していれば、今後は安全性が高く金融機関の決済に使われそうなもの、決済までの時間がスムーズなものが人気を集め、それに関連するものに需要が集まることがわかります。そこに投資を行えば、一気に大金持ちになることはないものの、安定した投資運用は行えるはずです。これらの認識があるかないかが運命を左右します。

こうしたことからも、勉強をしないこと、今までのイメージを持ち続けていること、方針がブレていることなどが失敗する初心者の主な特徴だと言えるでしょう。これらを改善しなければ、よほど運に恵まれている人以外はいつまでたっても成功しないことは明らか。

裏を返せば、これらを改善していけば成功の可能性は高まります。そのためにも自らを客観視することが重要です。自分がどういう考えで投資に臨んでいるのか、何が足りないのかを熟知していれば、少なくとも大損をするようなことにはならないでしょう。

 

まとめ

失敗する仮想通貨初心者の傾向についてまとめました。

残念なことに、テレビCMでやってたから始める、簡単そうだなどの理由で始めて痛い目を見る初心者が多くいます。

最初の入り口はそれでいいものの、いざ投資をするとなれば勉強を始めることは必要なことです。そして本だけで勉強するのではなく、少額で実践してみて、慣れてきたら大金を動かしていくような形が理想的です。