暗号通貨と仮想通貨の違いは?電子マネーとの違いもまとめました

暗号通貨と仮想通貨について

ここ数年仮想通貨ブームに熱狂し、大幅な下落に落ち込み、と一喜一憂されてきた人も多いと思います。

そして政府が正式に仮想通貨のことを「暗号資産」と命名しました。

ただしまだまだ浸透していませんし、多くは「仮想通貨」という名称が利用されています。

そこでいろいろな呼び方のある仮想通貨の中で「暗号通貨」との違いをまとめてみました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

仮想通貨と暗号通貨に違いはある?

基本的に同じです

仮想通貨と暗号通貨は同じ

暗号通貨と仮想通貨の違いは言葉の違いだけで、基本的には同じものと考えて良いでしょう。

インターネット上で使用される通貨の事を言ったもので特に違いはありません。

電子のデジタルデータで取引される通貨という事には変わりなく、盗難や情報の漏洩という事を避けるために暗号化されているということを重視して、この通貨を呼ぶ時には暗号通貨というように言う事があります。

通貨の様に使用することが出来るけれども、これまでの通貨とは違うという点に注目している時には、一般的な通貨との混同を避けるために仮想通貨というようにしているという程度の違いということになります。

 

電子マネーと暗号通貨(仮想通貨)の違い

暗号通貨と電子マネーの違い

暗号通貨と仮想通貨に違う所はありませんが、電子マネーとは明確に違うという事を知っておいた方がいいでしょう。

電子マネーとは

電子マネーはこれまでの政府が発行している紙幣や通貨と同じ概念でデジタルデータで取引されることもありますが、紙幣に交換することが出来るという大きな特徴があります。

ですから、一般的な意味でいうところの通貨と電子マネーは全く同じということになりますが、暗号通貨とこの電子マネーは全くの別物という事になります。

暗号通貨とは

暗号通貨は政府とは全く関係ないので、使うの価値が上下するという事が特徴としてあるので、これに注意をしておく必要があります。

そのため、価値が上昇したり下降したりすることで、これに投資をすることで利益を上げることも出来るという事で、まるで投資商品のようになっていたりもするというわけです。

このため、取引所などが出来て暗号通貨を取引するような事も出来るようになっているわけですが、別に基本的な機能として通貨の働きが無くなっているというわけではありません。

通貨としてインターネット上で様々なモノやサービスと交換をすることが出来るもので、銀行などが決済などに使用するというような実需もあるので、こうした通貨が注目されるようになったというわけです。

暗号通貨の利点

何しろデジタル信号でのやりとりということになりますから、圧倒的に時間がかからないで決済をすることが出来るという特徴があり、しかも、国が変わっても関係なく使用することが出来るという利便性の良さは注目すべきという事が言えるでしょう。

別にモノやサービスと交換をしなくても国をまたいで通貨を移動させようとすると一般的なこれまでの通貨の場合は手数料を払ってその国の通貨に変えるという事をしなければなりませんでした。

そして、その国の通貨でなければその国のモノやサービスと交換をすることは出来なかったので、これは当然ということだったわけです。

ですが、この仮想通貨というものが登場した事によって一気にこのような手間がなくなったわけで、国をまたいだ取引をするような場合でも仮想通貨をしようすればそれで国をまたいだ取引であっても簡単に決済をすることが出来る問う事になるわけですね。

この事がいかに凄いことなのかという事は、多くの取引をする人であれば一目瞭然でしょう。

何しろこれまでは通貨の交換をしてからでなければ、決済をすることが出来なかったのが、そのような事をしなくても出来るようになるわけですから、手数料を払う事も必要なくなり、決済にかかる時間も圧倒的に見自覚することが出来るということになるわけです。

そのため、これからの時代は多くの企業や個人がこうした仮想の通貨を使用するという事が到来するということで、注目されるようになったというわけです。

そして、こうした実需がある事が注目されると、その通貨の価値が高くなるという特徴もあったので、これを投資に利用する人も世界中から出てきてまるでバブルのようにこのような仮想の通貨がもてはやされるという事になったというわけですね。

デジタル信号と言いながらも、この信号を盗むようなことが出来れば、それだけで莫大な利益を上げることが出来るようにもなるので、このような仮想の通貨の取引においては必ず信号は暗号化されて、盗難不可能にした状態でやり取りされるようになっています。

こうした通貨の事を暗号通貨とも呼ぶという事で、この仮想通貨と暗号通貨というのは全く同じものを指していて、暗号という事に注目した時には暗号通貨というように言っているというだけの違いという事になります。

デジタルで目に見えない世界でのやりとりということになりますが、この暗号化の仕方がこのシステムの運用のカギという事も言えるわけで、この機能の信用によってこれからこうした通貨が使用されることになるのかどうかが決まってくるという事にもなるでしょう。

実際に日本ではこのような通貨の盗難という事件が起きて、世界的な大問題となり暗号通貨の価値が暴落するという事もありました。

これはデジタル信号のやりとりなので、盗難する方としては暗号などのシステムを解読してしまえば、それで莫大なお金を盗むことが出来るという事になるわけで、これからこのような通貨はこうした盗難などのハッカーと戦っていく必要があるという事も言えるのかもしれません。

まとめ

暗号通貨と仮想通貨の違い、暗号通貨と電子マネーの違いについてまとめました。

最盛期よりかなり下落していますが、暗号通貨は将来性が期待できるもの。

いまは投資対象メインですが、決済利用が普及してからこその本当の価値がわかる新世代のお金と言えるでしょう。