AI(人工知能)系の仮想通貨の特徴と扱う取引所

人工知能系の仮想通貨

仮想通貨はビットコインの成功以来さまざまな種類のものが開発されています。

ビットコイン以外のものはアルトコインと呼ばれますが、そのアルトコインには実態のない無価値なものから、将来の技術を担うものまでさまざまです。

これらを投資として見た場合には、将来性のあるものを選ぶことがポイントになります。

 

そもそも仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、そのものに価値はありません。

ビットコインのはじまりは不正にコピーされることなく、また中央のサーバーで管理されずに情報を流通させることができる技術の実証実験です。

このためデジタルデータである暗号に情報を付与して、他者に不正にコピーされることなく譲渡できる技術であるブロックチェーン技術が根幹にあります。

ブロックチェーン技術は、ブロックと呼ばれる取引台帳に取引を記録していき、それを複数のクライアントが参照することによって、その取引が正常なものか確認するもの。これにより不正なコピーを防止できる仕組みです。

ビットコインでは金銭的価値を付与したことによって送金のための手段として使われるようになり、新しい投資先として注目されています。

しかし実際にはこれらの技術は将来の情報技術を担うものであり、特徴的なものも登場しており、そのひとつがAI(人工知能)系の通貨です。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

将来性のあるAI(人工知能)

AIとは人工知能のことでコンピューターによって能動的にさまざまな作業を行わせること。現状では人間にとって代わる存在ではありませんが、膨大な計算を行うさいに能動的に行うことで人間が関わる時間を削減することができます。

また膨大に集められている情報、いわゆるビッグデータを活用する上でも人工知能が使われるようになっており、人間の作業をサポートする役目も担うようになりました。

仮想通貨の世界においてもこのAIの技術は注目されており、その開発をサポートするものがAI系仮想通貨です。

そこでここでは、AI系に特化したアルトコインについて注目度の高いものをピックアップして紹介していきます。

AI(人工知能)系の注目アルトコイン

注目のAI系アルトコインには以下の通貨が存在しています。

  • Neurotoken
  • SingularityNet
  • DeepBrainChain
  • BOTTOS
  • NAM

それぞれの特徴を解説してきます。

 

Neurotoken

Neurotoken

Neurotokenは2017年末に始まったICOプロジェクトで、人工知能を開発するためのプラットフォームという位置づけのもの。

この場合にはプロジェクトに支払われる対価にNeurotokenが使われるものであり、プロジェクトで開発される人工知能の価値が高まるほどNeurotokenの価値も高まっていくことから、投資という面で見てもメリットがあります。

なおNeurotokenを購入するためにはビットコインを利用して買うことになるのですが、現状では国内取引所で購入することはできません。海外のYobitやTidexで購入できます。

 

SingularityNet

SingularityNet

SingularityNetは、人工知能と機械学習ツールをネットワーク化したもので、分散型市場向けのプロトコルを目指しているものです。

すでに技術的にもかなり完成しているので将来性ある仮想通貨ですが、技術を購入するために行うものではなくあくまでも開発をサポートするものです。

現状は上場していませんから取引所での購入はできませんが、将来的に上場が行われることでその価値を高めることが期待されます。

 

DeepBrainChain

DeepBrainChain

DeepBrainChainは、ブロックチェーンを活用した世界初のAIプラットフォームです。

こちらも開発をサポートするためのものですが、仮想通貨としてDBCを発行しており海外の取引所で上場しています。

メリットとしてはすでに有名企業がクライアントとなっており、その将来性が期待される技術であることですね。

 

BOTTOS

BOTTOS

BOTTOSは、ビッグデータを使って省エネ活用する人工知能プロジェクトのことで、主に分散型データ共有ネットワークを使い人工知能によりスマートコントラクトを進化させるとものです。

ビッグデータのネックはその膨大過ぎる情報量ですが、これを人工知能を使って解析することで効率的に活かすことができます。

現状ではエネルギーやデータといった分野で使われていますが、さまざまな産業に影響を与える可能性が考えられるでしょう。

取り扱っている取引所は海外のBiboxのみで、購入するためにはビットコインが必要になります。

 

NAM

NAM

NAMは人工知能の分野でも医療に特化したものです。

そもそも仮想通貨に使われるブロックチェーン技術は不正にコピーされず、また中央のサーバーで管理されなくてもデータを共有することが可能なもので、このような考え方を医療の分野にも使おうという考え方のもとに開発されています。

つまり電子カルテを膨大なシステム投資にコストをかけずに共有できる技術を開発しているもので、複数の病院が情報を共有することで医療費の削減を目指すものです。

またこれは国内だけでなく全世界でも利用できるため、医療による国境や言語の壁を乗り越えてすべての人に適切な医療サービスを受けさせるためにサポートするツールとなる可能性があります。

単なるデータの共有だけでなくデータを使って人工知能によるボットシステム、得られたビッグデータをもとに病気や疾患の予測システムの開発なども期待されます。

 

まとめ

AI(人工知能)系の目的をもとに開発された仮想通貨をピックアップしてとりあげてみました。

将来性に期待できるものばかりなので、価格が安いうちに持っておくのもおすすめです。