仮想通貨Aeternity(エターニティ)の特徴と買える取引所は?

仮想通貨エターニティ

ここでは人気アルトコイン「Aeternity(エターニティ)」の特徴をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【2位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

Aeternity(エターニティ)ってどんな仮想通貨?

AeternityはYanislav Malahov氏が作った「Aeternity Team(エターニティチーム)」によって開発されたコインです。

2016年に公開されていて通貨単位はAEで、Aeternityはイーサリアムをベースに作成されています。

高速スピード処理が特徴的なコインで、将来性が期待されていてリーズナブルな価格で買うことができるので初心者にもおすすめです。

Aeternityの特徴

Aeternityの大きな特徴としてステートチャネルを使用することによって、スマートコントラクト取引量の拡大を実現することが可能です。

ステートチャネルは実行や決済もオフチェーンによって行われていて、処理がメインチェーンと並行するので契約条件の不一致などといった何かしらのトラブルが生じた場合、メインのブロックチェーンがトラブルを処理してくれます。

オフチェーンにおけるスマートコントラクトを実行できるので、ブロックチェーンにおいて取引情報を公開しなくても情報をやり取りすることが可能です。

これは企業にとってメリットのある仕組みで、自社記録をオフチェーンにおいて処理できるのでデータを公開しなくても済むでしょう。

従来のような完全にデータが公開されているようなブロックチェーンは、取引データから何かしらの動向を察知されるケースが常につきまといます。取引を公に記録しないことによっていろいろなメリットが派生するので、ビジネスにおいて非常に重要です。

Aaeternityのコードは「Erlang」と呼ばれている言語で書かれていて、このErlangはゼロの状態からブロックチェーンを書くには非常に適していて、分散型でフォルトトレラントになっていてソフトリアルタイムでノンストップアプリケーションなどを開発するのに便利です。

優れた安定性や性能を達成することができ、エターニティはイーサリアムなどの機能を更に発展した仮想通貨と言えるでしょう。

 

Aeternityのメリット

処理速度が早い

代表的な仮想通貨「ビットコイン」は世界中の人によって取引されていて、今後も取引量が増えると予想されていますが、そうなると処理が追い付かなくなるという可能性が高くあります。

エターニティはこのような「スケーラビリティ問題」に対応することができる高い性能を備えているため、今後取引が活発になったも対応できるでしょう。

スマートコントラクト機能が優れている

エターニティにはいろいろなメリットがありますが、特徴の1つにスマートコントラクトの機能性が非常に高くなっていることが挙げられます。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトはイーサリアムなどを代表にする技術で、コインのやり取りはもちろんそこで発生するような契約内容も記録することができる技術です。

エターニティはこのような機能を更に発展させていて、State Channel(ステイトチャンネル)という専用チャネルを設けることによって、ブロックチェーンではなくてもスマートコントラクトを実行することができるオフチェーン処理を実現しています。

オフチェーンとは?

ブロックチェーン上とは別の場所で処理することで、ブロックチェーンには記録されません。

ブロックチェーンを公開しないことによって、利用者はお互いにプライベートでさまざまな情報をやり取りすることができます。

スマホで手軽にマイニング可能

Aeternityは、Proof of Work(プルーフオブワーク)とProof of Stake(プルーフオブステーク)を組み合わせた「Cuckoo Cycle(クックーサイクル)」を利用していて、これによって電力効率を上げることができスマートフォンで簡単にマイニングできるようになりました。

一般的にハイスペックなコンピュータや膨大な電力が必要になるマイニングですが、スマートフォンでもお手軽にマイニングできるAeternityならより身近に感じられるでしょう。

 

Aeternityを扱う取引所情報

日本国内の取引所

Aeternityは日本国内の取引所では取り扱いされていません。

海外の取引所

海外の取引所にはいくつかAeternityを扱うところがあります。そこで主な取引所をピックアップしました。

Liqui(リクイ)

Liquiはウクライナの取引所で、いろいろなマイナーなものを積極的に取り入れています。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCはイギリスの大手取引所で、ICO直後のコインも取引することが可能です。

Gate(ゲート)

Gateで取り扱っているコインは100種類以上あります。

口座開設方法

これら取引所で口座開設する手続きはそれほど難しくなく、日本の取引所と同じように2段階認証を利用することが可能です。

セキュリティは安心だと言われていますが、サイトは英語表記になっているので英語力が必要になります。事前に情報収集をしてからムリのない取引をしましょう。

 

まとめ

人気アルトコインの1つ「Aeternity(エターニティ)」について紹介しました。

ビットコインやイーサリアムは現在時価総額ではトップの地位にありますが、伸びるまでに数年かかりました。

そのことを考えるとAeternity(エターニティ)もまだまだ発展途上の段階と言えますが、今後の普及を期待する投資家が増えれば増えるほど値上がりを期待することができるでしょう。

マイナーコインの多くは海外にある取引所を利用するケースになりますが、国内と同じような感覚で取引することができます。