2018/11/26~12/2の仮想通貨ニュース BTCの下落傾向続く

2018年12月第1週の仮想通貨ニュースまとめ

2018年11月最終週~12月第1週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年11月26日~12月2日
週間仮想通貨ニュース

12/2(日)のニュース

チャット機能付きウォレット登場

MIRAIPO CHALLET(ミライッポ チャレット)」

仮想通貨ウォレットにチャット機能を付与したMIRAIPO CHALLET(ミライッポ チャレット)」のアンドロイド版がリリースされた。イーサリアムに対応している。

仮想通貨規制団体と東京弁護士会が協定

仮想通貨の独自規制団体「一般社団法人・日本仮想通貨交換業協会」が、東京三弁護士会と協定を結んだことを発表した。今回の協定では投資家と金融機関の間で起こったトラブルを裁判以外で解決する紛争解決(ADR)に関する協定を締結している。

12/1(土)のニュース

ビットコインが再び4000ドル割れ

11/26以来5日ぶりにビットコインが一時4000ドルを割った。ここから更に下がると予想するメディアもでている。

ASUSのGPUでマイニング可能に

台湾の企業ASUSがGPUマイニングプラットフォーム「クオンタムクラウド」と提携。同社のソフトウェアを利用し、ASUSのGPUで仮想通貨マイニングできるようにすると発表した。計算能力を余らせているユーザーは有効活用可能となる。

ビットフライヤー、プロ向けツールをリリース

日本の取引所ビットフライヤーが、プロ投資家向けの仮想通貨売買ツール「bitFlyer Lightning」をリリースした。現在はiOS版のみでアンドロイド版は開発中。

インテル、マイニングの省エネ特許取得

アメリカの大手半導体メーカー「インテル」が、より省エネでマイニングできるプロセッサー「Bitcoin Mining Hardware Accelerator」の特許を取得した。低迷続くマイニング業界に大きなインパクトを与えられる可能性を秘めている。

11/30(金)のニュース

国税庁、仮想通貨申告漏れの例を初公開

国税庁が仮想通貨の申告漏れで追徴課税を課したケースを初公開。男性会社員の確定申告で5000万円の申告漏れにより2400万円の追徴課税を課している。もっとも思い課税では、延滞税が最大14.6%、重加算税が最大40%課される。

米SEC、独自仮想通貨発行のメイウェザー氏を提訴へ

アメリカの証券取引委員会(SEC)が、独自仮想通貨発行のためICOを不正に宣伝したとしてボクシング選手のメイウェザー氏を提訴したことがわかった。この件はすでに若いが成立しており、同氏が罰金と今後3年間宣伝にかかわらないことを承認している。

DMMビットコイン、レバレッジキャンペーンを延長

取引所DMMビットコインが、同社のアプリ65万ダウンロードを記念して期間限定で実施していたレバレッジ取引のスプレッドキャンペーンを延長することを発表した。期限は12月12日12時までとなっている。

11/29(木)のニュース

ビットコイン、4000ドル台に回復

ビットコイン価格が7月以来の大幅上昇となり、一時4000ドル台にまで回復した。そのた主要コインも大きく上昇している。

カナダ「バークス」、ビットコイン決済対応

バークス

カナダの大手宝飾店バークスが、ビットコイン決済を導入した。

NEM、日本支部を開設

仮想通貨NEM(ネム)の運営元NEM財団が、日本支部を11/28に開設した。日本での普及に向けて支援をしていく。

Huobi、リップルの新ペア公開

大手仮想通貨取引所Huobiが、リップルの新しい通貨ペア「HUSD」を公開した。HUSDは4つの米ドル基軸とする仮想通貨。

名古屋の仮想通貨ウイルス作成容疑者を家裁へ送致

元高校生時代に仮想通貨モナコイン入手を目的とするウイルスを作成したとして逮捕されていた少年が、名古屋地裁へ送致された。

米、詐欺容疑者のビットコインアドレスを初特定

アメリカの財務省が、サイバー犯罪に加担した二人のイラン人が使用していたビットコインアドレスの特定を発表した。犯罪に使われたアドレスの特定と公開は初の事例となる。

Gサーチ、ビットコイン検索数増

グーグルサーチでのビットコイン検索数が、8ヶ月ぶりに大幅増となった。価格暴落が影響していると考えられる。

11/28(水)のニュース

リップル、時価総額2位を維持

ビットコインやイーサリアムなど主要コインが軒並み下落する中で、リップルが時価総額2位を約2週間キープし続けている。取引量ではイーサリアムに分があるものの、好調さを見せている。

トークン獲得できるRPG登場

コイン&スティール

ゲーム内でERC-20規格のトークン「STEEL/STL」を獲得できるゲームアプリ「コイン&スティール」が登場した。ゲームで得たコインはイーサリアムや法定通貨へ交換できる。

コインベースウォレット、ETCに対応へ

アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースが提供しているウォレットが、イーサリアムクラシックに対応することを発表した。近日中に導入される模様。

11/27(火)のニュース

ビットコイン、再び下落

11/26に一旦上昇したビットコイン価格だったが、27には再び約7%ほど下落した。そのほかの主要アルトコインも5%以上下落した。

国税庁、ハードフォーク通貨課税への見解を示す

11/21に国税庁が公開した資料「仮想通貨関連FAQ」に、ハードフォークした仮想通貨への課税について触れられている。資料では売却・使用時まで課税されないとの見解が示されている。

DMMbitcoin、レバレッジ倍率を4倍へ

少ない元手で大きな投資ができるレバレッジ取引が人気の取引所「DMMbitcoin」が、今までのレバレッジ倍率5倍から自主的に4倍へ下げた。自主規制団体の案を採用した模様。

仮想通貨の名称が暗号資産に?

金融庁開催の仮想通貨研究会で、名称を「暗号資産」へと変える検討が始まった。今後規制強化するタイミングで名称変更すると言われている。

マイレージ交換に特化した仮想通貨登場

DION COIN

シンガポール拠点の企業が、飛行機などを利用するともらえるマイレージポイントに特化した仮想通貨「DION COIN」を発表した。

11/26(月)のニュース

仮想通貨市場はやや反発

前週大幅下落した仮想通貨市場だったが、週明けはやや反発。主要コインが7%ほど上昇している。

コインチェック、リップル・ファクトムの取引再開

2018年初頭に取引停止してから徐々に仮想通貨売買を再開しているコインチェックが、また新たに2種「リップル」「ファクトム」の取引を再開した。

bitfinex、出金手数料を無断で3倍へ

仮想通貨取引所bitfinexが、顧客に無断で出金手数料を20ドル→60ドルへと3倍に引き上げていたことがわかった。現在出勤されるまで一ヶ月かかるなどの声もでている。

ナイジェリア大統領候補、仮想通貨で経済活性を公約

来年2月に行われるナイジェリア大統領選の候補が、仮想通貨での経済活性化を公約に掲げている。

仮想通貨ウォレット「ERCLET」リリース

ERCLET

ブロックチェーン関連企業の株式会社カエタルテクノロジーが、仮想通貨ウォレット「ERCLET(アークレット)」をリリースした。リーサリアムとERC20トークンに対応する。