2018/10/29~11/4の仮想通貨ニュース BCHが急騰

2018年11月第1週の仮想通貨ニュース

 

2018年10月第5週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年10月29日~11月日4
週間仮想通貨ニュース

11/4(日)のニュース

ビットコインキャッシュが急騰

仮想通貨の価格が低迷するなか、ビットコインキャッシュが6万円まで急騰した。11/15のハードフォークに向け、買いが殺到した模様。ハードフォーム前にはバイナンスやコインベースが一時取引の停止を発表している。

テザーが急落

米ドルを裏付けとする仮想通貨テザーが急落し1円を割った。口座開設し資産を公開したばかりだったが、思惑通りにはいかなかった模様。

ビットポイントがAppGuard導入

AppGuard

国内で展開する仮想通貨取引所ビットポイント(BITPOINT)が、未知のウィルスにも対応できるセキュリティソフト「AppGuard」を導入した。

関連記事
BITPOINT(ビットポイント)ってどんな取引所?

BTC詐欺被害のインド人男性が空港爆破を示唆

ビットコイン投資詐欺にあったインドの18歳男性が、詐欺師からの報復を恐れFBIの注目を集めて逃れるためにアメリカのマイアミ空港を爆破すると電話で脅迫した。その後拘束され罪を認めている。

ビットポイント、カーチスと提携

取引所ビットポイントが中古車販売のカーチスと提携を発表。仮想通貨決済導入に向けた実験を始める。

11/3(土)のニュース

富山第一銀行が独自仮想通貨を実験

富山第一銀行独自仮想通貨First Bank Coin(FBC、仮称)

独自仮想通貨「First Bank Coin(FBC、仮称)」の発行を目指す富山第一銀行が、行内での実験を始める。まずは行員向けにアプリを利用した送金や買い物で実験する。リリースは2019年10月を目指している。

QUOINEが新規口座開設キャンペーン実施

取引所の名称をLiquid by Quoine(リキッドバイコインに変更したQUOINEX(コインエクスチェンジ)が、Liquidでの新規口座開設キャンペーンを始めた。条件を満たすと最大で23000円相当のQASH(キャッシュ)がもらえる。

関連記事
QUOINEX(Liquid by Quoine)ってどんな取引所?

仮想通貨BATがコインベースに上場

仮想通貨BATトークンが、アメリカの取引所Coinbaseに上場した。これにより価格が約27%上昇している。

11/2(金)のニュース

米格付け機関、リップルが首位

アメリカの格付け機関Weiss Ratingsが発表した最新の格付けデータによると、唯一のB評価となったリップルが仮想通貨全体で首位になった。ビットコインやイーサリアムはC+となっている。

GincoがChangellyと提携

仮想通貨ウォレットを提供する株式会社Gincoが、仮想通貨即時両替サービスを展開している企業Changelly社との提携を発表した。これによりビットコインやリップルなどもウォレット上で交換可能となった。

テザー、準備金を証明する文書を公開

アメリカドルに裏付けられたステーブルコイン「テザー(USDT)」を発行するTether社が、バハマのDeltec銀行に口座開設した。審査を通過したからこそ開設できたこと、同銀行が裏付け分となる米ドルの預金残高を公開したことで、疑惑の疑いを回避したい思惑が見て取れる

11/1(木)のニュース

ビットコイン価格反発

10月末に70万を割っていたビットコイン価格だが、11月1日早朝に急騰、712000円を超えた。

韓国政府、取引所と銀行の提携を明言

大韓民国金融委員会(FSC)のコミッショナーChoi Jong-Ku氏が、公の場で取引所の口座を銀行が扱うことを認める声明を発表した。

仮想通貨損益計算ソフトの税理士版登場

仮想通貨売買の損益を計算できるソフト「Gtax」の提供会社「株式会社Aerial Partners」が、税理士向けのバージョン「「Gtax税理士版」を発表。11/1のリリースした。

バイナンスウガンダ、ユーザー数4万人突破

人口約4000万人の国・ウガンダに進出したバイナンスが、10月末に開設されたバイナンスのウガンダ支店の口座開設数がすでに4万件を突破したことがわかった。

Mac向けアプリがマルウェアと判明

Mac向けにリリースされている仮想通貨価格アプリ「CoinTricker」がマルウェアであることが、セキュリティ会社マルウェアバイツの発表でわかった。

10/31(水)のニュース

リップル、2つの取引所へ新規上場

仮想通貨リップルが、スイスの取引所Lykkeへ上場した。またモンゴルの取引所IDAXでも売買が始まっている。

GMOコイン、スプレッド縮小キャンペーン実施

11/1より取引所GMOコインがスプレッド大幅縮小キャンペーンを実施すると発表した。キャンペーンではスプレッドを60%以上縮小するとしている。

沖縄の事業主らが仮想通貨発行アプリを開発

カウリー

喫茶店や整骨院経営を営む沖縄県の個人事業主らが、仮想通貨発行アプリ「カウリー」を開発。運営会社を設立し、2018年度中にリリースすると発表した。

エクセル拡張機能ソフトでBTC決済可能に

ビットコインの決済遅延を解決する技術「ライトニングネットワーク」を簡単に実装可能なマイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」の機能拡張「neutrino」が登場。コレを利用すればビットコイン決済がより簡単に使えるようになる、としている。

イーサ不正送金?バイナンスが口座凍結

ロシア取引所WEXのアカウントから20億円相当のイーサリアムが不正送金されている可能性があるとして、バイナンスが口座を凍結した。ただし凍結しつづけることは難しく、今後の対応が注目されている。

米、無許可で交換事業をした男性に罰金

アメリカ・カルフォルニアの21歳男性が、無許可で仮想通貨交換事業を行ったとして約9200万円の罰金が課された。

10/30(火)のニュース

コインチェックが口座開設を再開

コインチェック口座開設受付を再開

多額の仮想通貨を流出させたみなし業者だった取引所コインチェックは、10/30から新規口座開設の受付再開を発表した。一部コインの売買も可能となっている。

投資仲介のeToroにバイナンスコイン上場

FXや株取引などをオンラインで仲介する大手のソーシャル投資プラットフォーム「eToro(イートロ)」に、仮想通貨取引所バイナンスの独自コイン「バイナンスコイン(BNB)」が上場したことを発表。

ベルリンで仮想通貨熱高まる

2013年から仮想通貨ベンチャー育成に力を入れているドイツの首都ベルリンに、関連企業が集まっていると地元メディアが報じた。ただしドイツ政府は規制を強める姿勢を示し続けている。

仮想通貨自主規制団体、みなし業者の入会受付へ

仮想通貨の自主規制団体で金融庁認定の一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、コインチェックなどのみなし業者の団体入会受付を開始した。

10/29(月)のニュース

風神ウォレット、10/31~オンライン販売開始

風神ウォレット

IT機器トラブル解決サービスを提供している日本PCサービス株式会社が、株式会社オウケイウェイヴと業務提携し、ハードウェアウォレット「風神ウォレット」の販売総代理店に。ハードウェアウォレットの中でも高いセキュリティ性を持つ「風神ウォレット」を10/31からインターネット上で販売開始することを発表した。価格は98000円(税別)。

ウクライナ、3年後に仮想通貨合法化へ

ウクライナの担当省庁が、3年で仮想通貨を合法化し規制を整えていく計画があることを発表した。

ジョニーデップ、仮想通貨プラットフォームとパートナー契約

人気ハリウッドスターのジョニーデップが、仮想通貨プラットフォームTaTaTuとパートナーシップ契約を結んだ。TaTaTuでは映像コンテンツなどを視聴可能で、製作者には仮想通貨TaTaTuで報酬が支払われる。デップ氏はすでに作品制作に取り掛かっている模様。

Zcash、アップデート完了

仮想通貨Zcashが10/29に実施予定だったアップデートが無事完了した。今回のアップデートで処理の高速化や分散アドレス導入などさまざまな新機能や改善が施されている。

カナダ取引所が消滅

カナダの仮想通貨取引所「メープルチェンジ」が突如全取引を停止した。運営側は支払い資金がなくなったとしているが、詐欺の疑いもかかっている。

スウェーデン、2019年にeクローナを実験運用

世界初となる可能性の高いスウェーデンが開発を進める国家仮想通貨「eクローナ」が、2019年にテスト運用される。また2021年に流通開始する予定となっている。

ERC20トークンがイーサリアムの時価総額の60%に

ICOトークンのほとんどがERC20と言われる中、これらトークンが徐々に価値を上げ、イーサリアム時価総額の約6割にまで上昇した。