2018/10/15~10/21の仮想通貨ニュース ザイフ流出BTCの捜索難航

2018年10月第3週の仮想通貨ニュースまとめ

2018年10月第3週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年10月15日~10月21日
週間仮想通貨ニュース

10/21(日)のニュース

フォビ、Huobi USDをローンチ

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)が、たくさんある米ドルに裏付けされたステーブルコインの管理が効率化できる「Huobi USD (HUSD)」を発表した。以下4コインが対応する。

  1. Paxos Standard (PAX)
  2. Gemini USD (GUSD)
  3. True USD (TUSD)
  4. Circle USD (USDC)

「スマホタップでお金稼げる」詐欺に注意喚起

消費者庁が、スマホをタップするだけで「仮想通貨10万円相当が稼げる」などの謳い文句で集客して不当にお金を使わせる手口への注意を喚起している。

10/20(土)のニュース

FATF、来年6月メドに新規制

マネーロンダリングを監視するFATF(金融活動作業部会)が、仮想通貨の新しい規制を来年6月に施行することを発表した。新規制では、仮想通貨関連企業に対し許認可スキームや規制を施行する模様。

ザイフ流出BTC、約3万口座へ分散

取引所ザイフから流出したビットコインのうち約42億円相当が、約3万口座に分散されたことがわかった。大阪府警による捜査難航が懸念されている

インドで仮想通貨ATM初設置

インドの取引所ウノコインが、同国内初となる仮想通貨ATMを設置した。ATMはインド南部カルナータカ州都バンガロールの商業施設に設置されている。

10/19(金)のニュース

ニンジャコイン、ロンドンの取引所に上場

MERCATOX

一般社団法人手ぶら観光協会が開発する仮想通貨「NinjaCoin(ニンジャコイン)」が、イギリス・ロンドン拠点の取引所「MERCATOX」に上場したことを発表。ビットコインとのペアで売買できる。

アフリカ一の仮想通貨先進国は南アフリカ

フランスの銀行BNBパリバとコンサルティングのキャップジェミニが公開した世界決済レポートによると、アフリカ諸国で最も仮想通貨への対応が進んでいる国は南アフリカだった。ビットコインATMの普及や取引所ユーザー数の多さなどが評価された模様。

リップル支持が81%

仮想通貨関連事業を展開するワイレックス社がツイッターによるアンケートを実施。それによると、81%がリップルを支持していたことがわかった。ビットコインは10%だった。

金券を仮想通貨で購入可能に

ギフトチェンジャー

金券ショップギフトチェンジャーが、仮想通貨で金券を購入できるサービスを開始した。ビットコインなどメジャーなコインのほか、ゲームコイン、ブラックコイン、ノアコインなどにも対応する。

バイナンスが緊急メンテナンスを実施

世界最大手の取引所バイナンスが、入出金や売買などを日本時間16時~17時までの1時間停止することを発表した。原因はデータベース障害のためとしている。なおメンテナンスはすでに終了している。

10/18(木)のニュース

インドのZebpay、マルタへ移転

Zebpay

インドの仮想通貨取引所Zebpay が、世界最大手バイナンスと同じマルタ共和国へ移転した。インド国内の規制が厳しくなり、今後はマルタを拠点にインド以外の投資家を対象にサービス提供していく模様。

アマゾンの中国部門、Qtumと提携

アマゾンウェブサービスの中国部門が、仮想通貨Qtum(クアンタム)を利用する方針であることを発表した。

ノルウェーでBTC売買後に殺人

ノルウェーの首都オロス近郊に住む24歳男性が、ビットコイン売買後に殺害される事件が発生。警察は取引と関連性があるとみて捜査を進めている。

米保安官局、徴収したBTCを売却へ

アメリカの連邦保安官局が、捜査で没収したビットコイン660BTCをオークションで売却すると発表。過去2回実施されており、トータル6360BTCが処分されている。

欧州コーヒーチェーンが仮想通貨決済導入

仮想通貨決済システムを展開するCyclebitのサービスが、130店舗を展開するスペインのコーヒーチェーン「Nostrum」で導入、ビットコインでの支払いが可能となる。

イーサイベント「Hi-Con 2018」、11/10開催

Hi-Con 2018

イーサリアム技術者を対象にしたイベント「Hi-Con 2018」が11月10日に開催される。今回からイーサリアムを利用した学生割引も導入されている。

10/17(水)のニュース

モネロがハードフォーク予定

仮想通貨モネロが10/18に「Beryllium Bullet」と名称がつけられているハードフォークを実行する。これによりASICのマイニングを不可にする変更や匿名性の強化、手数料の引き下げなどが図られる。

三菱UFJ、MUFGコインの名称変更

三菱東京UFJ銀行が、発行する予定の仮想通貨「MUFGコイン」を「coin(コイン)」に名称変更した。カード決済の10倍ともいわれる処理速度の速さが特徴で、決済手段以外にも幅広く使ってもらうため変更したとしている。

OSAトークンが上場

世界初の人工知能 (AI) 駆動の分散型マーケットプレイス「OSA」トークンが、取引所CoinEgg(コインエッグ) に上場した。ビットコインとイーサリアムのペアで売買できる。

NBA選手が仮想通貨でシューズ販売

NBAの選手ディンウィディー氏が、自分のシューズブランドの購入に仮想通貨決済を導入することを発表した。同選手はビットコイン愛好家としても知られている。

ザイフアプリが10/17にサービス終了

買収された日本の取引所ザイフが、リリースしているアプリを10/17の15:00で配信終了することを発表した。残高がある人は配信終了までに別ウォレットへ送金しておく必要がある。

約140億円相当のテザー送金あり

仮想通貨取引所フォビ内の口座から約140億円相当のテザーが送金されたと中国メディアが報じた。信用度に疑念が湧いているため動向に注目が集まっている。

10/16(火)のニュース

仮想通貨は全体的に上昇

ビットコインやイーサリアムなど主要コインは5%前後上昇するなど全体的に上昇傾向だった。リップルは10%上昇している。

世界中の取引所の版を統合?

ファンドPolychain Capital PartnersとChapter OneなどによるDEX構築の新プロジェクトで約100万ドルの調達に成功。このDEXでは、注文版1つで世界中の取引所で売買できる「分散型注文板(decentralized order book)」が最大のアピールポイントとなっている。リリースは年末予定でまずはベータ版が公開される予定。

英バークレイズ、仮想通貨プロジェクト中止か

イギリスの大手投資銀行バークレイズが計画していた仮想通貨取引所だが、中止されていると地元メディアが報じた。関係者は保留としているが、責任者はすでに退社している模様。

Liquid by Quoineがキャッシュバックキャンペーン

コインエクスチェンジから名称変更した取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)が、キャッシュバックキャンペーンを実施。新規口座開設で23000円相当の仮想通貨QASHがもらえる。期限は11月16日まで。

関連記事
Liquid by Quoineはどんな取引所?

決済システムのリンペイが仮想通貨対応に

仮想通貨の決済システムを展開しているシンガポール企業「リンペイ(LynPay)」が、カンボジアで仮想通貨決済事業への参入することを発表した。来年4月から主要コインで実地テストをする予定でカンボジアでは初となる。

タイで2400万ドル相当のビットコイン詐欺

タイ国籍の男性がフィンランドの投資家から2400万ドル相当のビットコインを騙し取る詐欺により逮捕された。容疑者はアメリカに逃亡していたが、タイへ帰国した際に空港で逮捕された。

BITBOX独自コインのペア公開

LINEが展開する海外取引所BITBOXで扱う独自仮想通貨「LINK」の取引ペアが公開された。ビットコイン、イーサリアム、テザーの3通貨で売買できる。

10/15(月)のニュース

ビットコインが急騰

取引所ビットフライヤーにて、ビットコイン価格が69万円台から74万円台に急上昇した。フィボナッチラインを抜けたことが要因と考えられている。

香港SFC、仮想通貨禁止に反対

香港の金融規制機関「SFC(証券先物事務監察委員会)」が、仮想通貨規制に必要とする一方で禁止には反対の姿勢を示した。

世界トップクラスの金融大手が仮想通貨事業に参入

世界最大級の金融大手Fidelity Investmentsが、仮想通貨取引所などを運営する新会社Fidelity Digital Asset Servicesを設立したことを発表。機関投資家を対象にしている。

ビットフィネックスで出勤遅延が多発

一部法定通貨の入金を停止している仮想通貨取引所ビットフィネックスは、現在出金には対応しているものの、ユーザーから遅延への不満の声が多発している。原因について取引所側はシステムのバックログ着手のためとしている。

バイナンス、ウガンダで法定通貨をサポート

取引所バイナンスが、ウガンダで仮想通貨取引所を開設。今週中にサービス開始する。17日からウガンダの法定通貨シリング(UGX)の入出金受け付けを開始することを発表した。

Prime Miningがマイニング支援サービス開始

Prime Mining

株式会社ユニメディアが、マイニング支援サービス「Prime Mining(プライムマイニング)」の販売をスタート。低コスト運営できるモンゴルでサービス提供する。