2018/9/10~9/16の仮想通貨ニュース BTCがゆるやかに上昇

2018年9月第3週の仮想通貨ニュースまとめ

2018年9月第3週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年9月10日~9月16日
週間仮想通貨ニュース

9/16(日)のニュース

仮想通貨市場は全体的に上昇傾向に

ビットコインは一時6500ドル台を割ったが再び上昇、アルトコイン勢も時価総額上位20種のうち8割ほどが上昇した。

ECサイトでビットコイン売買

アメリカの大手小売業者「Overstock.com」が、Bitsyサービスを利用しECサイトにてビットコインを売買できるサービスを始めると発表した。サービス開始は2019年としている。

9/15(土)のニュース

露中銀、ICOのテストを実施

ロシアの中央銀行が、ICOの実験を実施し成功したことを発表した。しかし同銀行は過去に否定的な考えを述べており、仮想通貨分野に進出するかは不明だ。

バイナンス、シンガポール法定通貨建て取引をテスト

シンガポールで開催されている仮想通貨イベントで、バイナンスCEOがシンガポール建てで仮想通貨取引をするテストを実施することを明かした。

9/14(金)のニュース

ビットコインが6500ドル突破

9/14、ビットコイン価格が6500ドルを超えた。それにともないアルトコインも上昇している。

給料は仮想通貨で、約7割

人材派遣サービスを展開するクロノバンクが仮想通貨に好意的なユーザー445名を対象に調査を実施。それによると、給料を仮想通貨で支払われるようになってもいいと回答した人が66%だった。

Huobiが新ウォレット発表

フォビの新ウォレット

大手取引所Huobiが、ツイッター上で新ウォレットを発表した。まずはiOS版をリリース、その後アンドロイド版も公開される予定。

仏、ICO合法化へ

フランス国会で、ICOに関する法案が可決された。7月にも仮想通貨投資による利益への税率が引き下げられるなど前向きな動きが目立っている。

ビットバンクが公式サプリをバージョンアップ

国内取引所ビットバンクが、iOS用アプリの新バージョン(v1.2.4)を公開した。生体認証に対応しさらにセキュリティが向上している。

9/13(木)のニュース

ビットコイン、6400ドル超え

今週6300ドル前後で推移してきたビットコイン価格だが、9/13は6400ドルを超えた。

イーサ、10%以上上昇

前日大幅下落したイーサリアムだったが、翌日には前日の水準にまで上昇した。

クジラBOT、巨額取引を確認

大きな金額の売買を追うBOTが、ビットフィネックスへ3万BTC送金の動きを確認した。

米でナイトバーなどに仮想通貨導入へ

アメリカンナイトクラブ協会が分散型決済システムPaytomatと提携、ナイトバーなどでの仮想通貨決済導入を促進させていくことがわかった。

主要コインの技術を学ぶ講習会開催

エンゲート株式会社

エンゲート株式会社が、ビットコイン・イーサリアム・ネオ・ネムのブロックチェーン技術を学べる講習会を開催する。今回は2回目で10月開催予定。

9/12(水)のニュース

イーサリアムが大幅下落

仮想通貨の下落傾向が続く中、アルトコイン時価総額トップのイーサリアムが10%以上下落した。

カナダでビットコイン投資信託スタート

カナダの信託ファンド「FBC Bitcoin Trust」が、同国初となるビットコインの投資信託の認可を受け、関連商品の提供を開始した。退職金貯蓄プラン(RRSP)と非課税貯蓄口座(TFSA)が提供されている。

BTC用の人気ウォレットのアプリ削除か

BitPay

ビットコインのウォレットで最大手のBitPayが、グーグルアプリストアから削除されているとネット上で話題になった。アップルストア側では問題ないため一時的なものともいわれているが、現状アクセスできない状態になっている。

Huobiがビットトレードを買収

大手取引所Huobi(フォビ)が、日本の金融庁認可済みのビットトレードを買収したことがわかった。フォビ自身でも金融庁認可に向けて動いていたが、方針転換したと考えられている。

9/11(火)のニュース

米仮想通貨団体が初摘発

アメリカの証券業界の自主規制団体「金融取引業規制機構(FINRA)」が、仮想通貨に絡んだ違法行為を初めて摘発した。大麻売買のためヘンプコインを販売したとしている。

OKEx創立者に詐欺疑惑

OKExの創立者Star Wu氏が、仮想通貨詐欺の疑いで上海警察に同行を求めらていたことを地元メディアが報じた。が、OKExは公式に否定しており、フェイクニュースとの声もでている。

8月のICOが低水準

8月の月間ICO調達額は、1年4ヶ月ぶりとなる低調な結果に終わった。オートノマス・リサーチ社の調査によると、今年初頭は月30億ドル相当を調達していたが、8月は3億ドル弱にとどまっている。

9/10(月)のニュース

豪、仮想通貨保有者が3倍に

証券会社HiveEXが2000人に対して調査した結果、オーストラリア国内での仮想通貨保有者の数が、2018年初頭の5%から現在約14%と約3倍になっていたことがわかった。

GMO、新仮想通貨送金サービス開始

GMOシステムコンサルティングが、複数の秘密鍵を利用する信頼性の高い送金サービス「GMO SigNeD」の提供を開始した。現在はビットコインのみ対応しているが今後増やしていくとしている。

ウィンクルボス兄弟、米ドル準拠の仮想通貨をローンチ

取引所ジェミニを設立したウィンクルボス兄弟が、テザーと同じくアメリカドルに裏付けされた新しい仮想通貨Gemini dollar(GUSD)をローンチした。すでに規制当局の許可も取り付けている。

豪企業、少額で仮想通貨投資可能なサービス開始

オーストラリアの新興企業Bambooが、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨で少額から投資できるサービスを開始。今後はアメリカや途上国など海外への展開していく考えを示した。

近鉄グループ、独自仮想通貨で実証実験

近鉄グループが三菱地所と手を組み、地域に根ざした独自仮想通貨「近鉄ハルカスコイン」を開発、9月から第2段となる実証実験を実施すると発表した。実験は10月1日~12月10日までで、近鉄グループなど約400店舗で利用できる。

TRIPLE-1が新しいマイニングマシンを発表

株式会社TRIPLE-1が、台湾製チップを搭載したマイニングマシンの申請日「KAMIKAZE」のスペックを発表。消費電力が従来マシンの約半分となっている。マシンは2018年11月から出荷開始予定。