2018/7/23~7/29の仮想通貨ニュース ビットコイン続伸!90万円台に

2018年7月第5週の仮想通貨ニュース

2018年7月第5週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年7月23日~7月29日
週間仮想通貨ニュース

7/29(日)のニュース

JVCEAが取引上限設定へ

仮想通貨の自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」が、投資家の取引上限額に関するルールを策定する考えを示した。

ガクトが仮想通貨でピンチ!

ガクトコインとも呼ばれる仮想通貨「スピンドル」のICOで220億円相当を集めたものの上場後の大暴落。たくさんの投資家に損害を与えたとして詐欺と考えられているスピンドル。中心メンバーのガクトは金融庁や国税庁にマークされる事態になっている模様だ。

ジブラルタルのサッカーチームが仮想通貨で報酬支払いへ

ジブラルタルのセミプロサッカーチームが、部分的にではあるが選手への報酬を世界初となる仮想通貨で支払うことを発表した。

取引所を名乗る電話が相次ぐ

ビットフライヤーやザイフなどの仮想通貨取引所を名乗る不審電話が相次いでいる。これを受け大手取引所は自社サイトなどで注意喚起を促している。

コインチェック、第1四半期は2億5900万円の赤字

2018年初頭にハッキング被害にあったコインチェックの第1四半期の業績が発表された。利益が9億4200万円、損失が12億1100万円で2億5900万円の赤字になった模様。

米投資家、2%がビットコインを保有

Wells Fargo/Gallop Pollがアメリカの資産保有額が大きい投資家を対象にネットでアンケートを取った結果を発表。それによると、ビットコインを保有している投資家はわずか2%だった。

英送金企業、初の仮想通貨送金に対応

イギリスに拠点がある送金サービス企業「トランスファー・ゴー」が、送金企業として世界初となる仮想通貨取引を始めた。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインに対応する。

7/28(土)のニュース

ベネズエラ、ペドロ基軸の法定通貨発行へ

インフレにより法定通貨の価値が下落しているベネズエラにて、大統領が、政府発行の仮想通貨「ペトロ」を基軸にする別の法定通貨を発行することを発表した。8月20日から流通させる模様。

ビットコインETF認可で500%増か

TotalCrypto

仮想通貨専門家Tom Alford氏運営の仮想通貨サイト「TotalCrypto」でビットコインETFが認可された場合の影響についての調査結果が公開された。それによるとアメリカ証券取引委員会(SEC)が認可することで、その後の300日間で500%ビットコイン価格が上昇する可能性を示した。

7/27(金)のニュース

ビットコイン価格、一時92万円台に

アメリカETFの申請状況に大きく左右され、ビットコインが一時92万円台になるも再び80万円台に下落した。

SEC、ビットコインETFを否認

米証券取引委員会(SEC)が、ビットコインの上場投資信託(ETF)の認可を否認したことを発表。これによりビットコイン価格は大きく下落している。

マネックスG、アメリカ進出か

マネックスグループ決算発表の場で、社長の松本氏がアメリカで取引所の開設に向けて動いていることを明かした。すでに小会社は設立し、申請を進めている。

グーグルストア、マイニングアプリを禁止に

グーグルがアプリ制限ポリシーを更新、仮想通貨マイニングアプリが禁止対象になった。ただし遠隔操作のアプリは今回の対象からは外れる模様。

フォビ、日本で取引所開設へ

中国メディアによると、Huobi(フォビ)のCEOが日本での仮想通貨取引所開設にむけて準備中であることを明かした。

無許可で出資募集の2社に業務停止命令

仮想通貨の商品「ポートフォリオコイン」を無許可で出資募集したとして、東京のオレンジコイン・ゴールドマイン社に対し業務停止命令が下された。

GMO、取引所サービス開始へ

GMOコインが取引所サービスを年内に開始する予定であることがわかった。11月にはアプリもリリース予定。

7/26(木)のニュース

コインベースが仮想通貨ギフトカード販売

アメリカ最大手取引所コインベースが、イギリスの新興企業ウィーギフトと提携して仮想通貨のギフトカード販売を始める。

急上昇お知らせアプリ「クリプトプッシュ」リリース

仮想通貨管理アプリを提供する株式会社クリプトフォリオが、仮想通貨トレードの支援アプリ「Cryptopush(クリプトプッシュ)」をリリース。このアプリは急騰コインのお知らせ機能も搭載している。

仮想通貨ウォレットMetaMaskが一時消失

イーサリアム管理用のグーグルクローム用ブラウザウォレット「MetaMask(メタマスク)」が、グーグルクロームのストアから一時削除された。現在は復旧しているが原因はまだ報告されていない。

7/25(水)のニュース

ビットコイン続伸、8400ドル台に

7/25もビットコイン価格が上昇、一時8470ドルまで上がった。

業界団体、証拠金取引の倍率制限へ

仮想通貨の業界団体「日本仮想通貨交換業協会」が証拠金取引の倍率制限する意向を示した。証拠金取引は少ない元手で何倍もの取引ができるサービスで取引所によって最大倍率は異なるが、現在の最高倍率25倍なのに対し、来年度には4倍までに制限するする模様。

バイナンスが韓国進出?

韓国メディアが世界最大手取引所バイナンスの韓国進出を報じた。バイナンスは、トップが韓国イベントに出演、公式サイトの韓国語対応、韓国人ディレクターの雇用などの動きを見せている。

モバイルファクトリーが仮想通貨関連会社設立

スマホゲームを開発するモバイルファクトリーが、仮想通貨を扱うアプリを開発する新会社ビットファクトリーを設立。今後はゲーム内などで仮想通貨をやり取りできるようにする。

アクロディアがマイニング事業を開始

スマホ向けソフトウェアの開発を手がけるアクロディアが、長野県にマイニング施設を設立することを発表した。まずは60台のマシンで9月から開始する。

筑波大チーム、流出NEMを継続追跡

筑波大学の教授とそのチームが、2018年初めにコインチェックから流出した多額のNEMの追跡を続けている。

AppBank、ガクトコインSPINDLEの扱い停止に

AppBank株式会社が提供する仮想通貨配布サービス「アットブラスト」上で扱っていた、アーティストGacktの仮想通貨とも言われる「SPINDLE」の扱いを停止すると発表した。資金決済法違反の疑いがあるため、としている。

7/24(火)のニュース

ビットコインが8000ドル超え

ビットコインが5月以来となる8000ドル台になった。7/24の14時台に一時8016ドルにまで上昇している。

インド取引所Unocoin、ルピーの扱いを停止へ

インドの大手取引所ウノコイン(Unocoin)が、インド中銀の指示に従いルピーの扱いを停止した。口座保有者には一時的にできなくなると通知している模様。今後再開するかは現在不明となっている。

ゲームでの報酬に仮想通貨、CryptoChipsが8月開始

GMOインターネットグループがゲームアプリでの報酬を仮想通貨で配布できるシステム「CryptoChips byGMO」が8月にサービス開始する。現在対応することがわかっているゲームアプリは「ウィムジカル ウォー」の一種類。

業務改善命令の6社、改善計画を提出

6月に金融庁から業務改善命令を受けていた仮想通貨取引所6社が、期限である7月23日に改善計画書を提出したことを発表した。処分を受けた6社は以下の通り。

  • Zaif(テックビューロ株式会社)
  • BitPoint(株式会社ビットポイントジャパン)
  • BTCBOX(BTCボックス株式会社)
  • bitbank(ビットバンク株式会社)
  • bitFlyer(株式会社bitFlyer)
  • QUOINE(QUOINE株式会社)

サムライJP、仮想通貨を担保にした商品提供を開始

SAMURAI&J PARTNERSが子会社を介して仮想通貨を担保にした融資サービスをスタート。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを担保に最大3億まで融資を受けられる。

用賀サマーフェスティバルで仮想通貨決済導入

用賀サマーフェスティバル実行委員会が、8月25、26日に開催される第14回サマーフェスティバルで、ネム、リップル、モナコイン、独自通貨「ユメコイン」での決済に対応することを発表した。イベントは用賀駅周辺で開催される。

7/23(月)のニュース

ビットコインが7600ドル台まで上昇

価格上昇を続けているビットコインが7/23の午後2時には7600ドル台にまで上がった。

ブロックチェーンアプリ「CryptoPlanet」リリース

CryptoPlanet

CryptoPlanet製作委員会が、仮想の土地をイーサリアムで売買するゲーム「CryptoPlanet(クリプトプラネット)」正式版をリリースする。上手に土地を運用することで実際にイーサリアムで利益を得られるのが最大の特徴。

香港企業が仮想通貨管理サービス開始か

アジア圏で展開している資産運用会社「フサン・インベストメント・オフィス」が、香港で仮想通貨管理サービスを計画していると地元メディアが報じた。年内にはサービス開始する模様。

G20による仮想通貨の国際的な規制、10月までに明確化へ

アルゼンチンで開催されていた20ヵ国による財務相・中央銀行総裁会議(G20)での共同声明にて、仮想通貨関連の国際規制を今年10月までに明確化するよう要請が下された。3月のG20でも同様の要請はされていたが、今回は期限が明確に求められたことになる。

仮想通貨で購入するトレカが販売

株式会社アエリアが、ビットコインとモナコインで買える「ブロックチェーン・トレカ」サービスを開始。第1弾は人気乙女ゲーム「DYNAMIC CHORD(ダイナミックコード)」のトレカを販売している。

ISID、仮想通貨情報配信サービスの実験を開始

電通国際情報サービス(ISID)が、AIにより収集された仮想通貨関連情報の配信サービス「CRYPTALS(クリプタルズ)」の実験を開始した。データはツイートから収集され、信頼性の高い経済指標の確率を目指す。