2018/7/16~7/22の仮想通貨ニュース ビットコインが大きく上昇!

2018年7月第4週の仮想通貨ニュース

2018年7月第4週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】Zaif(ザイフ)
ビットコイン取引手数料がマイナス!安さで選ぶならここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
手数料も安く大手GMO運営で将来性あり!

2018年7月16日~7月22日
週間仮想通貨ニュース

7/22(日)のニュース

インド中銀、仮想通貨規制へ

インドの中央銀行「準備銀行(RBI)」が、最高裁判所に対し仮想通貨の規制を要請していたことが地元メディアの報道でわかった。現在は業界関係者らの反発により法廷にて争っている最中で、最終審判は9月にくだされる予定。

ウクライナ、仮想通貨規制を整備へ

ウクライナの金融安定委員会が、仮想通貨規制整備に向けて動いていることを同国の国家証券・株式市場委員会(NSSMC)ティムール・クロマエフ委員長が自身のSNS上にて後悔した。

米コインベースが政治資金団体設立へ

アメリカで最大手の仮想通貨取引所コインベースが、業界初となる政治資金団体「PAC(Political Action Committee)」を設立していたことが政府の文書からわかった。

中国が第3回目となる仮想通貨格付けを発表

中国CCID格付けランキング

今年に入り仮想通貨の格付けを初めた中国のCCIDが、3回目となるランキングを発表した。

  1. EOS
  2. イーサリアム
  3. ネビュラス

の上位3位に続いて、今回から追加された「GXChain」が4位にランクイン。ビットコインは16位となっている。

7/21(土)のニュース

ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」リリースへ

iOS くりぷ豚

株式会社IndieSquareのスマホ用ウォレットアプリ「IndieSquare Wallet」内で提供されるブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」が配信スタート。アンドロイドやパソコン版はすでにリリースされているが、今回はiOSでプレイできるものとなる。

7/20(金)のニュース

2018年上半期のICO調達額、2兆円近くに

ICOコンサルティング会社、株式会社世界が2018年1月~6月までのICO調達額レポートを公開。それによると、該当機関の調達額は1兆8513億円となっている。これは前年1年間の4倍以上で、わずか半年で大きく超えている。

ADAがOKExに上場

中国大手の仮想通貨取引所OKExに、Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が上場。取引ペアはビットコイン、イーサリアム、のほか、米ドルやOKBも対応。

マルタ証券取引所、OKExと共同で取引所開設

世界最大手バイナンスも移転しているマルタの証券取引所(MSE)が、OKExと共同で、証券トークン特化の取引所を開設する。世界初の事例で、2019年初頭にオープンする予定。

7/19(木)のニュース

ビットコイン価格が小幅下落

好調のビットコインだが、19日はわずかに下落し7400ドル台で取引されている。

パウエルFRB議長「仮想通貨に規制を求めない」

アメリカの下院公聴会で仮想通貨がテーマになり、パウエルFRB議長が仮想通貨は通貨ではない。FRBが対策を講じる対象ではない」との見解を述べた。

仮想通貨Ardor、バイナンスに上場

サイドチェーン技術を利用した仮想通貨「Ardor」がバイナンスに上場、価格が20%上昇した。対応する通貨ペアはバイナンスコイン、ビットコイン、イーサリアムの3種。

7/18(水)のニュース

IBMが新仮想通貨の開発へ

アメリカのIBMとフィンテック企業が共同で仮想通貨開発を始めることを発表。名称は「Stronghold USD」で、ビットコインより安定した決済手段構築が目的。

野田総務相の事務所に金融庁が調査

野田聖子総務相の事務所が仮想通貨交換業を無断運営していたとして金融庁が調査に入った件で、担当者を呼び説明させていたことがわかった。

英国モスク、仮想通貨での寄付に大成功

イギリスのモスク「Shacklewell Lane Mosque」が仮想通貨での寄付を募ったところ、法定通貨での寄付の4倍以上集まったことがわかった。

テスラCEOの偽アカウントで仮想通貨詐欺

アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」CEOのイーロン・マスク氏のツイートに紛れる形で偽アカウントが仮想通貨プレゼントを謳ったサイトへ誘導する詐欺行為があった。詐欺サイトでは一度仮想通貨を送金させ、それに応じてプレゼントすることを謳っている。

バイナンスが西日本へ追加支援5000万

豪雨災害にあった西日本エリアの支援に1億円寄付しているバイナンスが、さらに5000万円追加支援したことを発表した。

7/17(火)のニュース

ビットコイン7000ドル超え

ビットコイン価格が急上昇し、ひさしぶりに7000ドル台を突破した。その影響から時価総額トップ100の銘柄も上昇、10%以上上がった通貨も多数出ている。

SBI、口座開設の受付スタート

SBI系の仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」が新規口座開設の受付を開始した。20歳以上の日本在住者であれば申し込める。

Zaifのアプリがサービス終了

取引所Zaifのスマホアプリ「Zaif」が2018年10月15日をもってサービス終了することを発表した。終了日以降は引き出しなどできなくなる。

米連邦当局、コインベースの3社買収を承認へ

アメリカのコインベースが仮想通貨を有価証券として売買できることが可能な3社の買収をすすめていた件に関して、連邦当局が買収を承認した。これでコインベースは有価証券扱いの仮想通貨を扱える可能性を得たことになる。

ウォレットアプリ「HB Wallet」にチャット機能追加

ウォレットアプリhbwallet

bacoor株式会社のウォレットアプリ「HB Wallet」にチャット機能が実装される。掲示板機能やプライベートチャット機能が利用できる。2018年秋に提供予定。

マスターカード、仮想通貨関連の特許申請

アメリカのクレジットカード会社マスターカードが、仮想通貨と法定通貨を組み合わせて決済時間を短縮させられる特許を申請した。このニュースを受けビットコイン価格も上昇している。

7/16(月)のニュース

ビットコインが6700ドル台に上昇

世界最大のアセットマネジャーがビットコイン先物への投資を検討している、とのニュースを受け、ビットコイン価格が大きく上昇し6700ドル台にまで上がった。

MLB、ブロックチェーン利用のゲームを開発

アメリカのメジャーリーグ(MLB)が、ブロックチェーン企業Lucid Sightと提携、イーサリアムブロックチェーン上で遊ぶゲーム「MLB Crypto Baseball」を開発していることが報じられた。プレイするにはイーサリアムを買う必要がある。

ゲーム会社「茂為欧買カイ数位科技」、仮想通貨事業へ参入

オンラインゲームを開発する「茂為欧買カイ数位科技」が、仮想通貨事業に参入することを発表した。

中国取引所OKcoin、米ドルペア取扱へ

中国発の取引所OKCoinが、ビットコインなどメジャー通貨と米ドルのペアを扱うことがわかった。6月1日からアメリカカリフォルニア州で会社をオープンしており、現在5種類の通貨を扱っている。今後種類を増やしていくとしている。

韓国ビッサム、日本進出へ

韓国の大手取引所ビッサムが、来年2月に日本進出を計画していることがわかった。今年10月には一足先にタイで取引所をオープンする。

トークンで選手を応援、新サービス9月開始へ

エンゲートが仮想通貨NEMのブロックチェーンを利用したスポーツチーム応援システムを2018年9月から始める。仕組みは、サービス上で日本円にてトークンを購入、試合などの動画コンテンツを視聴している際にトークンで買ったものを「投銭」で応援できるようになっている。

LINE取引所「BITBOX」、扱う28種通貨を公開

仮想通貨事業に参入したLINEの取引所「BITBOX(ビットボックス)」で、取り扱われる仮想通貨の種類が公開された。

  1. Aion (AION)
  2. Basic Attention Token(BAT)
  3. Bitcoin Cash (BCH)
  4. Bitcoin (BTC)
  5. Bitcoin Gold (BTG)
  6. Civic (CVC)
  7. DigiByte (DGB)
  8. Aelf (ELF)
  9. Ethereum Classic (ETC)
  10. Ethereum (ETH)
  11. Golem (GNT)
  12. Kyber Network (KNC)
  13. Litecoin (LTC)
  14. MonaCoin (MONA)
  15. Nucleus Vision (NCASH)
  16. OmiseGO (OMG)
  17. Quantstamp (QSP)
  18. Qtum (QTUM)
  19. ReddCoin (RDD)
  20. Augur (REP)
  21. SALT (SALT)
  22. Status (SNT)
  23. Tether (USDT)
  24. VeChain (VEN)
  25. Stellar (XLM)
  26. XRP (XRP)
  27. Zilliqa (ZIL)
  28. 0x (ZRX)

日本在住者は口座開設できない。人気アルトコインをバランスよく扱う模様。

自民党議員、仮想通貨投資家保護を議論

自民党の一部議員が「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」を設立、議連会長に竹本直一衆院議員を据える。市場健全化、投資家保護、関連法案改正などについて検討していく。

マイニングとゲーム連動、報酬でゲームアイテムゲット

ゲーム開発会社スマイルメーカーが、ゲームとマイニングを連動させるネットゲーム開発基盤を発表した。プレイヤーが自身の端末でマイニングさせることによって得られた報酬でゲーム内のアイテムを購入できる。