2018/6/18~6/24の仮想通貨ニュース ビットコインが今年最安値を記録

2018年6月第4週の仮想通貨ニュース

2018年6月第4週に報じられた仮想通貨関連ニュースの中で特に注目のものをピックアップ!

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

2018年6月18日~6月24日
週間仮想通貨ニュース

6/24(日)のニュース

ビットコインが今年最安値

大手取引所への業務改善命令の影響で、ビットコイン価格が今年最安値を更新。5700ドル台にまで下落した。

バハマ、仮想通貨導入に向け実証試験へ

国民の利便性向上のために仮想通貨導入を検討しているバハマの副大統領兼財務大臣が、将来の構想をブロックチェーンカンファレンスで語った。

ブラウザ「Brave」、仮想通貨で広告報酬

不快な広告ブロックやプライバシーを侵害するトラッカー排除の機能が搭載されているブラウザ「Brave」を運営するBrave Softwareが、試験運用にて仮想通貨で報酬が支払われる広告実験をすることを発表した。

オランダの空港に、ビットコインATM設置

ユーロ圏で初となるユーロをビットコインやイーサリアムに交換できる専用ATMが、オランダのアムステルダム・スキポール空港に設置された。まずは2018年末まで試験運用され、ニーズによって拡大していく模様。

6/23(土)のニュース

bitfinexCSOが辞任

世界第4位の仮想通貨取引所ビットフィネックスの最高戦略責任者(CSO)フィル・ポッター氏が辞任したことをロイターが報じた。

千葉県警と富士通が仮想通貨研修を実施

千葉県警と富士通が共同で仮想通貨に関する研修会を実施した。「仮想通貨とブロックチェーンに関する研修会」と題された今回の講習では、ブロックチェーンの利用例のほか、最近発生した仮想通貨関連の事件などについて講演があった模様。

インド最大の取引所、ユーザーに出金要請

仮想通貨規制への厳しさが増すインドで、インドトップの仮想通貨取引所「Zebpay」が、口座保有者に対し法定通貨ルピーを引き出すようメッセージを発表した。中央銀行がインド国内の銀行に対し仮想通貨事業へのサポート打ち切りを指示したことが今回の発表に繋がっている。

米コインベースへの不満が相次ぐ

急成長する仮想通貨市場に追いつけていないのか、アメリカ最大の取引所コインベースへの批判が急増していると米メディアが報じた。期日までに振り込まれていない、自分の資産にアクセスできないなどの声が見られる。

TRON創業者、BitTorrentを買収

仮想通貨などを展開するTRON社の創業者Justin Sun氏が、ソフトウェア会社BitTorrentを1億4000万ドルで買収したことをメディアが報じた。

6/22(金)のニュース

ビットコイン価格が4ヶ月ぶり安値へ

日本の大手取引所が金融庁から業務改善命令を受けたことから、ビットコイン価格が急落し4ヶ月ぶりに安値を更新した。

マウントゴックス、民事再生へ

2014年2月に民事再生法適用を申請し棄却され破産手続きをすすめていた東京のマウントゴックス社だったが、東京地方裁判所では一転し破産手続きを中止・民事再生法を適用することを決定した。破産手続き期間中にビットコイン価格が急騰し、返済可能だと判断されたため。

中国、マイニング電力を盗難した男を逮捕

中国でビットコインのマイニング用として不当に電気を盗もうとした男が逮捕された。ビットコイン価格の下落で採算が取れなくなったことも影響している模様。

ウクライナ、ニセの取引所運営で4人を逮捕

ウクライナ国内でニセの仮想通貨取引所を6ヶ所運営していた20代の男6人が逮捕された。

ブルームバーグ、Huobiの新しい指数を追加へ

金融データを提供するブルームバーグ社が、Huobiが新たにローンチしたHB10仮想通貨市場指数を追加、データ提供を始めた。

仮想通貨の売買タイミングサポートサイト登場

仮想通貨の売り時、買い時を独自アルゴリズムのデータを元に予測てくれるオンラインサービス「HODLometer」が登場した。

HODLometer

6/21(木)のニュース

米歌手エイコン、毒仮想通貨発行へ

アメリカの人気R&B歌手エイコンが、イベントにて自分の名前を冠した仮想通貨「エイコイン(AKoin)」発行計画について語った。同時に仮想通貨都市建設の構想も語り、すでに広大な土地も手にしており、建設計画もすすめている模様。

北海道の仮想通貨相談、前年の7倍に

北海道の財務局に寄せられた金融関連の相談の中で、仮想通貨についての相談件数が2016年比で7倍になったことを公表した。とくに2017年後半の価格高騰から急増している。

ゴールドマン・サックスが仮想通貨の商品を検討

アメリカの投資銀行ゴールドマンサックスで最高執行責任者(COO)を務めるデビット・ソロモン氏が、メディアのインタビューに対し仮想通貨の金融派生商品の扱いを検討していることを明かした。

英Crypto Facility、ライトコイン先物取引に参入

イギリスに拠点がある仮想通貨取引所「Crypto Facility」が、はライトコインの派生商品を扱うことを発表した。同社CEOは顧客の要望に答えた結果だと回答している。

6/20(水)のニュース

ミャンマー中銀、仮想通貨は違法

ミャンマー中央銀行が、仮想通貨の売買・決済利用は違法との考えを示した。今後は内務省なとど協力して仮想通貨事業を営む企業への取締を強める方針だ。

またビッサムでハッキング被害発生

韓国の取引所ビッサムが再びハッキング被害にあい33億円相当が盗まれたことがわかった。6月中に2度めとなる。この影響を受け、上昇基調だったビットコイン価格も停滞している。

DMMbitcoinのアプリが55万DLを突破

日本国内で取引所DMMbitcoinを運営する株式会社DMMbitcoinがリリースしている専用アプリが、55万ダウンロードを達成した。これが理由かは不明だが、6/20からビットコインとイーサリアムのマイナー手数料が0円になる。

アリババコイン財団がウォレットをリリース

アリババコイン財団が、10種類の仮想通貨に対応するマルチクリプトウォレットをリリースした。AppStoreとGoogle Playでリリースされている。セキュリティ面では顔認証を採用していることも特徴。

6/19(火)のニュース

仮想通貨全体で価格上昇

下落続きだった仮想通貨市場だが、18日はほとんどのコイン価格が上昇した。とはいえビットコインは6700ドル台と以前に比べて低水準となっている。

金融庁が大手取引所へ業務改善命令

金融庁はすでに認可済みの大手仮想通貨取引所に対し、業務改善命令をだすことがわかった。今回は最大手ビットフライヤー含む5社が対象になる模様。

【参考記事】
ビットフライヤーはどんな取引所?

米OGE、仮想通貨資産のガイドラインを発表

アメリカの政府倫理局(OGE)が、仮想通貨の資産公開報告ガイドラインを発表。仮想通貨は投資資産とみなし、保有する仮想通貨の価値が報告期間締め日時点で1000ドル超だったとき、期間中の収益が200ドル超だったときに報告義務が発生するとなっている。

カザフスタン、仮想通貨規制へ

カザフスタン経済特区「アスタナ国際金融センター(AIFC)」の最高責任者カイラット・カリエフ氏が、ブロックチェーンのイベントにて講演。そこで今後は仮想通貨を規制しつつ、ブロックチェーン技術の研究を進めていく方針を示した。

兵庫の消費センター、仮想通貨の相談件数が急増

兵庫県の消費生活総合センターが、2017年度の仮想通貨関連の相談件数を発表。1年間で114件と前年6倍に急増している。相談のほとんどは仮想通貨での儲け話だった模様。

6/18(月)のニュース

ビットコインが6400ドル台に

ビットコイン価格がネガティブニュースなどでさらに下落し、6400ドル台で取引されている。

モバイル決済のスクエア、NY州でもビットコイン取引可能に

アメリカのモバイル決済アプリ「スクエア」を展開するスクエア(Square, Inc.)が、認可がなかなか降りなかったニューヨーク州でビットコイン取引のライセンスを取得した。これによりビットコイン取引も可能になり株式市場が好反応、株価も過去最高値まで上げている。

 イーサリアム上のゲームアプリ「クリプ豚」リリース

6/18、イーサリアムの仕組みを利用したスマホゲームアプリ「クリプ豚」が正式にリリースされた。ゲームは豚のキャラクターを集め、他のユーザーと取引したり組み合わせて新種を生み出して遊ぶ内容となっている。

ホリエモン、仮想通貨祭りを七夕に開催へ

堀江貴文ことホリエモンが七夕に仮想通貨のイベントを秋葉原で開催する。イベントは3部構成となっており、1部は初心者向け仮想通貨講習、2部はホリエモンと著名人の対談、3部は交流会となっている。

匿名性の高い仮想通貨の新規扱いを禁止へ

日本仮想通貨交換業協会が新たに自主規制ルールを規定した。それによると、インサイダー取引の禁止のほか、匿名性の高い仮想通貨の新規取り扱いが禁止となった。コインチェックなど一部で匿名性の高い通貨を扱う取引所もあったが、今後は海外取引所でしか買えなくなっていくと思われる。

【参考記事】
匿名性の高いモネロとはどんなもの?

DRAM価格下落

仮想通貨特需により好調だったDRAM市場だが、ビットコイン価格の下落で採算が悪くなるなどにより同時に下落、停滞ぎみになっている。

第2回 仮想通貨利用者セミナー開催へ

一般財団法人「日本仮想通貨利用者協会」が、6月26日に2回目となる「仮想通貨利用者セミナー」を開催する。仮想通貨の種類や価値、法律や税金関係の話がメイン。

GMO、スポンサーへの協賛金はビットコイン

仮想通貨取引所を運営するGMOコインが、沖縄のサッカーJ3に所属するチーム「FC琉球」とクラブパートナー契約を締結。日本初となる協賛金をビットコインで贈呈したことがわかった。価格は非公開となっている。