仮想通貨0x(ゼロエックス)の特徴と買える国内外の取引所は?

ゼロエックスってどんな仮想通貨?

仮想通貨「0x(ゼロエックス)」の特徴をまとめました。

初心者がビットコインを買うならここ!

【1位】bitbank
国内セキュリティ評価No.1!初心者はここ。

【2位】BITPOINT
ビットコイン送金手数料が無料!海外取引所も使うならここ。

【3位】GMOコイン
少ない元手で大きく稼ぐ!FX取引ならここ。

0x(ゼロエックス)ってどんな仮想通貨?

0xはイーサリアムのプラットフォームから作られたトークンです。0xを経由することによって分散型アプリケーションの専用トークンは、スムーズな取引を行うことができます。

従来イーサリアムのプラットフォームに伴い、利用者はイーサリアムやビットコインなどをあらかじめ用意しなければいけませんでした。それによって新規トークンのレスポンスが悪くなったり、ICOの成功難易度などが高まったと言われています。

でもこの0xが普及すると、イーサリアムやビットコインなどの通貨を持っていなくても、同じプラットフォームにおけるトークンで取引することが可能です。

ICOの参加が簡単になり世界中に浸透しやすくなるので初心者にもおすすめです。

 

0xのメリット

0xはトークンの交換を円滑にするなど、利用者にいろいろなメリットがあります。とくに手数料の安さや送金スピード速さには注目で、取引がオフチェーン上で実行されるのでスケーラビリティ問題が起こらないようになっています。

リレイヤーと呼ばれている仲介者による取引の標準であるAPIがリリースされているので、利用者は費用をかけずに利用可能です。

オフチェーンとは?

ブロックチェーン上の外側で処理する方式のこと。

スケーラビリティとは?

ユーザー数の増加にどれくらい耐えられるか?の度合いのこと。ビットコインはすでに送金処理遅延が発生して問題となっている。

リレイヤー(中継する人)とは?

0xにおいては取引できるアプリを繋げること。より多くの投資家が売買したほうがスムーズに売り買いできますし、市場も活発になります。

 

0xの将来性は?

リレイヤーに報酬があるので取引者が増加するほど利益が高まる特徴があり、このようなさまざまなメリットから0xの人気が高くなると予想されます。

オープンソースなので誰でも参加することができ、利用者の数を増やしていく土台が出来つつあるので普及する可能性も十分あるでしょう。

0xはイーサリアムによる新規トークン開発を促し、プラットフォームでのやり取りを活性化させると期待されています。

イーサリアムのプラットフォームを使ったトークンはICOとして世界に広まっていて、0xによってスピードアップすることが可能です。

さまざまな機能はイーサリアムの人気を高め、関連するトークンの価格も上昇させます。結果的に0xにもいい影響を与えるので、価格が上昇するかもしれません。

現在コインは企業や団体などが経営する取引所において売買するのが一般的ですが、カウンターパーティーリスクと呼ばれる問題があり、自分の資産にいつ被害が及ぶかわかりません。

カウンターパーティーリスクとは?

取引相手が破産するなどして損失が発生すること。

そこで期待されるのが分散型取引所と呼ばれているスタイルで、中央集権に管理者がいない分散型は仮想通貨の性質や相性が非常に良く、更なる流動性を実現することが可能です。

0xはオフチェーンやリレイヤーなどの特徴があり、分散型システムをサポートする機能になるでしょう。将来的に分散型のモデルケースになればその価値は高まり、他の通貨も追従する可能性があるので分散型取引所が急速に発展する可能性があります。

0xはトークン同士の交換をサポートする性質から、取引所のような作業を通貨側ですることが可能です。新しいスタイルとして今後の定着が期待されています。

定着すれば、中央集権者がなくてもリレイヤーからのサポートがあるので、利用者は好きな時にどこでも自由取引を楽しめることに。秘密鍵を管理しながら資産は分散型のネットワークにおいて取り扱われるので、破産やサーバーダウンなどの悩むことはありません

カウンターパーティーリスクなどに対する体制が万全になっているので、自己管理で安心・安全に仮想通貨を運用したい方におすすめです。

0xはアルトコインの一種なので完全に取引所を真似ることはできませんが、それに近い運営を期待させてくれる機能が備わっています。

 

0xを扱う取引所は?

国内取引所

日本の取引所では0xを扱っていません。

海外取引所が不安な人は日本での上場を待つことになりますが、いつになるのか?そもそも上場するのかもわかりません。0xを売買するには海外の取引所を利用することになります。

海外取引所

海外では大手を含めいくつかの取引所で0xを売買可能です。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は0xの価格高騰に大きく影響していて、気軽に自由な売買を楽しめる取引所です。

毎月新しいコインを上場させる独特のシステムから、今後も高騰を期待できる通貨が増えていくと期待されています。

Huobi(フオビ)

Huobi(フオビ)は中国の取引所でしたが、現在は香港を中心に仮想通貨の売買サポートを実施しています。

いろいろなアルトコインを取り扱っていて、その豊富さはBinanceに次ぐレベル。0xなどのさまざまな通貨を売買可能です。

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinex(ビットフィネックス)は香港を拠点にしていて、以前ハッキングの被害に遭っていますがそれでも人気は衰えていません。世界中の人が利用していて注目されています。

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)はアメリカにあり、0xは上場しているのでアジア以外のエリアにおいて広まりが期待されています。

 

まとめ

仮想通貨0x(ゼロエックス)の特徴をまとめました。

0xはスピーディなトークン交換を実現したり、利用者にさまざまなメリットがあるので将来性のある仮想通貨です。手数料の安さや送金スピードなどの特徴があり、今後の価格高騰が期待されています。